秩父の不動産売却を成功させるポイント

秩父の不動産を高値で売却するには準備しておくことがある

 

秩父の不動産の売却を検討している方であれば、ほとんどの方が「高く売りたい」という気持ちが本音でしょう。「不動産には絶対的な価値があり、不動産の価格は必ず値上がりする」というような時代には、何もしないでいても地価が上昇し、所有する不動産の価格もそれに伴い押し上げられましたが、今はもうそういう時代ではありません。将来、所有している不動産を高値で売却を目指すなら、日頃からやっておくべきことがあります。

土地について言えば、しっかりと測量し、実測した測量図を持っておくことや空き家などの家は時間の経過とともに劣化していきますから、定期的に修繕工事などのメンテナンスは欠かせません。メンテナンスを怠っていたために劣化が進み、いざいという売却時に多額の修繕費用が掛かる場合があります。また、将来のメンテナス費用がどれくらい掛かるかわからないような空き家などの家には、金融機関も融資をするのに足踏みをするケースも生じます。不動産を高値で売却を目指すには、金融機関からの融資を受け易いような購入希望者である買い手の範囲を狭めないことも重要なポイントになります。

貸している建物なら定期借家も考える

定期借家とは、建物の賃貸借契約の期間を一定期間に定めたもので、この定期借家を用いて建物賃貸借契約を結んでおけば、定めた一定期間が満了した時点で建物の所有者は借りている方(賃借人)から賃貸物件を確実に明け渡してもらえ、立ち退き料も生じません。立ち退き料が発生するのは、建物を普通借家の形で契約を結んでいる場合です。普通借家の場合には、賃借人に立ち退いてもらうには「正当事由」という理由が不可欠になり、立ち退き料も求められます。定期借家が制定されたのは、2000年3月で賃貸住宅のような居住用のアパートやマンションなどは、それ以前に結んだ建物賃貸借契約を定期借家に替えることはできませんが、テナントなどの事業用の建物であれば可能になります。建物が老朽化して、将来、解体し更地にして土地のみを売却するような考えがある場合には、以前に普通借家で結んだ契約をタイミングを見て、定期借家に変更するのも一つの手段と言えるでしょう。

秩父地域の情報

写真は秩父郡皆野町の国道140号線沿いにある「メモリアルホール 皆野」です。小人数での親族葬から一般葬、社葬まで幅広く秩父地域の方に利用されている葬儀場となっています。

関連記事

  1. 高齢の親が持っている秩父の不動産の売却方法

  2. 相談で多い秩父の不動産を売るときの内容とは

  3. 境界線が曖昧なままの土地の売却は極めて危険⁉

  4. 住宅ローンの返済中でも不動産の売却は出来るの?

  5. 相続前に秩父の不動産を売るポイント

  6. 売却する不動産の情報を整理する①