測量しないと秩父市の不動産を売ることが難しいワケ

確定測量すれば買い手も安心でトラブル防止にもつながる

不動産を売却するときには、お持ちの土地の面積や形状をはっきりするために、測量をおこなう必要があります。測量と言ってもいくつかの種類があり、しっかりやっておかないと不動産を売却するときにトラブルが起きたりすることもあるために注意が必要になります。

 

測量の種類については、現況測量と確定測量の以下の2つの種類があります。

現況測量・・・現況とは売却する不動産の現在のそのままの状態であり、この状態を測量することが「現況測量」です。土地の境界線が明確になっているかは関係なく、現況をそのまま測量します。

確定測量・・・文字通り、売却する土地の境界線を隣接している土地の所有者に立会ってもらい、境界線を確定させた上での測量です。

 

確定測量を行い、図面を作成したものを「確定測量図」と呼びます。売却する正確な土地面積として作成される「確定測量図」ですが、土地の広さを正確に把握する以外にもメリットがあります。

不動産の売却価格を正確にする・・・土地の面積は、売却する不動産の価格に大きく影響します。売却する不動産の価格の多くは、土地の広さで決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

土地の面積が正確に測り出されていなかったり、境界が確定されていない状態だったりすると、実際にはもっと高く売却出来たはずが、安い価格で売却することになってしまったりすることも起こります。なので、売却するときの測量は確定測量することが賢明と言えます。

 

不動産売却後の隣地とのトラブルを防止する・・・確定測量を行わないことが原因で引き起る問題は、不動産の売却時だけでなく、売却後にも及んできます。

トラブルの例としては、「境界があいまいで買主が家を建てられない」「買主が塀を作ろうと思ったが、隣地とトラブルになった」などがあります。

 

これらのケースからも解るように、正確な測量を行わなければ買主に引き渡されたあとに問題が引き起るケースが多く見られます。

 

すでに土地は売ってしまい、買主の名義になっているから売主は関係ないと思っているかもしれませんが、そのような場合でも売主側が「引き渡さた不動産が契約内容に適合していない」として、契約不適合責任を問われ、契約の解除や損害賠償請求などをされてしまうという重大な結果になる可能性があります。

 

このようなことにならないためにも、正確に土地を測量した「確定測量図」の作成は必須で、買い手も安心して不動産を購入することが出来ます。

 

秩父市の不動産の売却を検討している方は、ご参考にして「安心・安全な不動産売却」を目指しましょう。

 

秩父地域の情報

写真は、当店で専属専任媒介でお預かりしている埼玉県秩父市の中古住宅です。こちらの物件も当店で敷地確定測量をおこなってからのお引渡しなります。興味や見学のご希望のある方はお気軽にお問合せ下さい。

埼玉県秩父市小柱 山林付き中古住宅

 

関連記事

  1. 秩父市の不動産を売りたいときの不動産査定とは

  2. 秩父の不動産売却後の固定資産税は誰が支払う?

  3. 秩父市の不動産を売るなら絶対に知っておくべき2つの要素

  4. 秩父の一戸建て中古住宅の売却についての注意点

  5. 不動産を売却する場合に必要な情報とは②

  6. 土地や家を売却する時に測量はしておいた方が良いか?