売りたい秩父市の空き地を売却するために知っておくこと

空き地を売るときには幾つかのポイントを押さえることが大切になる

 

秩父市の売りたい空き地などの土地を売却する場合には、何を知っておけば良いのか分からないことも多いと思います。

まずは、売りたい土地の現状の状態を客観的に把握しておき、スムースに売るために、知っておきたい幾つかのポイントをあげてみます。

正確な面積を知っておく・・・空き地などの土地売却のときに重要となるのは、正確な面積です。古くから所有している土地では、不動産の登記簿に記載されている面積が正確でないことが多いです。

また、お隣との境界が分からない場合は、買い手が見つかり、売買契約をするときに実測面積での契約を求められる場合がほとんどです。

なので、お隣との境界が分からない場合などで、買い手が後々お隣と境界についてもめごとにならないように、現地の調査、測量を行って境界を決めておき、境界標を設置しておくと安心です。仮測量といわれる簡易的な測量だけでも行っておくことをお勧めします。

いくらで売れそうか相場を知っておく・・・売却したい空き地などの土地がどれくらいの金額になるか、不動産会社に聞いておくことで、いくらで売れて諸経費や税金はどれくらいかかり、手元に残るおおまかな金額を知ることで、売却した後のご自身のプランが立てることができます。

土地売却を得意とする不動産会社を選ぶ・・・空き地などの土地売却を得意として、売りたい土地の地域の情報に精通し、土地売却についての知識が豊富な不動産会社選びもポイントとなります。

大手の不動産会社は幅広いネットワークや広告が特徴ですが、地域密着の不動産会社は、地域の情報が豊富なので、その土地に適した売却方法を見つけられる可能性が高くなります。

また、売主の話をしっかり聞いてくれて、売却する土地のメリットやデメリットを提案して、対応してくれる不動産会社を選ぶことも大切です。

空き地を住宅地として売却する場合には、アパートや一戸建ての家とは違い、購入希望者はそこで暮らすというイメージがなかなか付きにくいものです。なので、売りたい空き地などの土地を売却するときには、そのような購入希望者の意識も知っておくと良いでしょう。

古い家などが建っている土地では、そのまま売るか家を解体して、更地にして売った方が良いのかというようなケースもあります。土地だけでの購入では住宅ローンが使えないこともあり、住宅付きでは住宅ローンが基本的に使えます。

また、現状の古い家をリフォームをして住みたいという購入希望者もいるかもしれません。このように買い手にとっても幅の広がるような知識のある不動産会社を選ぶことも大切になります。

秩父市の空き地のご売却を検討している方は、ご参考にしてみて下さい。

秩父地域の情報

写真は、当店でご売却のご依頼を受けました埼玉県秩父市の約600坪の売地です。

 

物件の概要は以下のとおりです。

●所在:埼玉県秩父市黒谷地内 

●地積:約600坪 

●地目:畑(農振農用地)

●接面道路:北側市道(幅員約5M) 

●取引態様:仲介

農振農用地なので工場、倉庫、資材置場、駐車場などの利用で土地をお探しの方に基本的にはなります。(住宅用のご購入は不可になります)

ご購入にあたりましては、農振農用地なので色々な制限がありますので、ご興味のある方がいらっしゃいましたら詳しくは当店へお問合せ下さい。売却価格につきましてもお話しさせていただきます。お気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 秩父市の空き地を売るときに必要なこと

  2. 知らないと売れないことも、秩父の土地を正しく【売る】方法

  3. 秩父市の土地を売るときにあまり知られていないこと

  4. 境界が決まっている秩父市の土地売却は安心って本当ですか?

  5. 相続した秩父の土地を売却するヒント

  6. 土地を分筆して売却する方法