秩父の不動産を売るときの売却方法

不動産会社に売却を依頼する場合には2つの方法がある

 

 

不動産の売却をおこなうときには、不動産を一般のお客様が主に購入する「仲介」での売却方法と不動産会社が直接購入する「買取」での売却方法との2つの方法があることはご存じでしょうか?

不動産の買取と仲介による売却方法では、それぞれメリットやデメリットがあり、特徴が異なってきますので、以下にご紹介します。

【買取】・・・売却したい不動産を直接不動産会社に買い取ってもらうことです。「買取」のメリットとしては、不動産会社に買い取ってもらうために買い手を探す必要がなくなるために、売却金額が決まればすぐに売却が可能になり、現金化できます。

また、不動産会社との直接の売買になるので、仲介手数料が不要になります。不動産の持ち主が売却する際には、売却物件の広告なども出されることもないので、ご近所に知られたくないようなケースでも、売却を知られずに済むことでしょう。(不動産売却の依頼をした不動産会社が直接買い取る場合ではなく、買い取る不動産会社を紹介してもらう場合には、仲介手数料が発生します。)

売却する不動産の持ち主から売却物件を購入した不動産会社は、そのままの状態かリフォームやリノベーションなどを行い、売り出しをします。不動産会社は利益を見込むために、買取の場合の不動産の売却金額は実勢価格(相場)よりはかなり低めになることが多いです。

【仲介】・・・売却したい不動産を不動産会社に買い手を探してもらうことです。仲介の依頼を受けた不動産会社は売主の希望金額を聞き、過去の近隣の取引事例や現在、売りに出されている物件の価格などを参考に算出した不動産査定価格などをもとに、売主との話し合いの上で売り出し価格を決めます。

売り出し価格が決まると不動産会社はインターネットやチラシなどの広告媒体で買い手を探すための売却活動をおこないます。

「仲介」のメリットは基本的に一般のお客様との売買になるので、「買取」と比べて高い金額で売ることが可能です。ただ、すぐに買い手が見つかるとは限らなく時間がかかる場合もあることや、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。

バイクや車などは買取が普通ですが、不動産の売却は「仲介」の方が一般的です。売主としてはなるべく高く売りたいということが多いため、買い替えなどの理由で「売却を急いで現金にしたい」場合などは別として、最初は「仲介」での売却方法をお勧めします。不動産会社に仲介手数料を支払っても売主の収益は必ず「買取」よりも多く見込めるからです。

ある程度の時間が経っても「仲介」で売却できないような場合は「買取」という選択に切り替えることを検討することが良いでしょう。秩父の不動産を売ることをお考えの方は、ご参考にしてみて下さい。

秩父地域の情報

写真は、当店からもほど近い秩父市上野町の「ウニクス秩父」です。11月14日(土)、15日(日)の10:00~16:00に11周年祭が行われる予定で、敷地内にミニ遊園地の開催やさまざまなイベントがあるようです。ご家族やご友人とご一緒に訪れてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 秩父の不動産売却で失敗した人が決まって答えられない問題

  2. 秩父の不動産を売るときに誰もが知っておくべきこと

  3. 不動産売却の際の不動産業者選びのポイント

  4. 売却する不動産の情報を整理する②

  5. 秩父の一戸建て中古住宅の売却についての注意点

  6. 秩父の不動産売却を成功するための準備