相談で多い秩父の不動産を売るときの内容とは

不動産を売るときには相場を知ることが大切

 

不動産を売るときには、いくつかの準備しておくことがあります。売却したい理由や売却したあとのことも気になるところでしょう。不動産を売るときに、相談で多いことは「いくらくらいで売れるのか」という相場についてのことがあります。

相場を知るには、まずは不動産会社を見つけることから始まります。大きなお金が動く不動産売却なので、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。不動産は、自動車や家電製品のリサイクルのように「査定してもらった金額に納得したら、そのままお金と引き換えに手放す」こととは異なってきます。

一般的に不動産を売る時に不動産会社が行う査定とは、「その不動産をいくらで売ることができそうか」を算出することになります。つまり、その場で不動産会社が買取をするのではなく、買い手が見つけられる金額を算出します。具体的な売却金額の算出方法については、まずはその不動産の地域の状況や特性などを盛り込んだ市場の価格から相場の判断をすることになります。これに、物件の面積や方位、家などの不動産では階数や築年数などの各物件の固有ベクトル情報、さらには直近の近隣物件の取引事例(同じような物件がないかを探して、その取引内容を加味する)を参考に算出していきます。

今では、不動産一括査定サイトで売るかどうかもわからない人が無料だからといって、インターネットを通じて査定をおこなう人がいますが、個人情報の流失やしつこい営業の電話などもあるケースもあるので、あまりお勧めはできません。

また、不動産と言っても「土地」「一戸建て」「マンション」などの種類によって違いがありますが、以下に不動産売却の相場を知るために役立つ項目をあげてみますので、参考にしてみてください。

実勢価格・・・実勢価格とは、過去に実際に取引されたことのある取引価格のことです。国土交通省の不動産取引情報検索というサービスから調べることができます。

路線価・・・路線価は相続税の算出をするときに主に用いられる価格で、道路が面している宅地の「1㎡あたりの価格」のことです。国税庁などのホームページで路線価図、評価倍率表として公開されていて、簡単に調べることができます。

固定資産税評価額・・・土地や建物の不動産の場合では、所有者に毎年、送られてくる固定資産税納税通知書に記載されている固定資産税評価額も参考になります。実際の取引価格よりも3割程度、低く設定されていると言われています。

不動産の売却については、売りたい不動産の地域にある不動産会社にまずは、一度、相談してみましょう。その地域の不動産会社なら、相場観や地域の特性なども把握しているので、細かなアドバイスや情報を知ることもできます。当店は、調査、測量、登記から不動産の売却をおこなうことのできる「秩父地域の不動産売却専門店」です。お気軽にお問い合わせください。

秩父地域の情報

写真は、秩父市役所 資産税課窓口の待合席に置かれている秩父市のイメージキャラクター「ポテくまくん」です。秩父地域のコロナの影響も少しずつ収まっている状況にありますが、やはりソーシャルディスタンスの確保などの感染対策は欠かせないですね。

 

関連記事

  1. 住宅ローンの返済中でも不動産の売却は出来るの?

  2. 不動産登記から知ることのできる秩父の不動産売却の注意点

  3. 秩父の住宅ローン返済中の不動産売却について

  4. 秩父の不動産を売るときに誰もが知っておくべきこと

  5. 秩父の不動産売却を成功させるポイント

  6. 秩父の家を売却するときに不動産会社選びで大切なこと