土地家屋調査士が秩父の不動産を売るときに必要なワケ

土地家屋調査士は測量と登記のプロフェッショナル!

不動産の売却を不動産会社に依頼したときに、土地家屋調査士を紹介された経験のある人もいるでしょう。土地家屋調査士は一般的には知られている職業とはいえないので、具体的な仕事の内容についてはイメージしにくいのではないでしょうか。

不動産を売るときには、売却の対象となる範囲や現在の所有者を、あらかじめ明確にしておく必要があります。しかしながら、登記されていない不動産であっても、買主さえ納得していれば売却自体は可能です。しかし、売却後に所有権を主張する人が現れれば、トラブルになってしまいます。つまりは、安全な不動産取引をおこなうためには、登記を済ませておくことが重要になります。

とりわけ、古くから受け継がれてきた土地の場合は、登記された内容が現況と大きく違っているケースも少なくなく、正確に測量して登記することが不動産を売るときには大切です。その手続きをおこなうのが土地家屋調査士の仕事になります。

土地家屋調査士は国家資格であり、土地や建物の測量や登記を不動産の所有者の代理でおこなうことができる唯一の資格です。土地の区分けや所有者、境界を明確にするために、測量や登記を依頼する場合には、必ず土地家屋調査士に依頼することになります。

もちろん、測量や登記を自分でおこなうことも不可能ではありませんが、専門的知識が必要なうえに測量に必要な道具をそろえるための費用も発生したり、時間や手間もかかるために土地家屋調査士に依頼する方が安心で安価になり、不動産売却の成功にも早くつながります。

似た資格に測量士がありますが、不動産の登記はできない資格で、主にその業務は公共団体などからの依頼がメインです。一方で、土地家屋調査士の仕事は、不動産の所有者などの個人からの依頼がほとんどです。

では一体土地家屋調査士に依頼できる仕事にはどのようなものがあるのか、以下に参考例をあげてみます。

相続や贈与で土地を分けたい・・・亡くなった親が持っていた土地を売却する場合、相続人が複数いるために公平に分けたいということは少なくありません。このような場合には、土地を正確に測量して、公平な面積を割り出し、適切に区分けしたり、まとめたりといった作業が必要になります。土地を公法上、分けることを「分筆」といい、まとめることを「合筆」と呼びます。土地家屋調査士に依頼することで、土地の分筆登記や合筆登記をおこなうことができます。

農地を宅地に変えたい・・・土地には利用目的に応じた区分(地目)があり、かかってくる固定資産税の税率にも影響があります。農地の評価は一般的には低く、最も評価が高く税率も高いのが「宅地」です。農地を売却するときは、農業委員会の許可などを得て、地目を宅地などの農地以外の地目にしなければいけません。その場合におこなうのが、地目変更登記です。また、合筆登記をおこなうときにも、1筆でも地目が異なっているとまとめることができないので、合筆前に土地の地目変更登記をおこなう必要があります。

③建物を新築、増築、取り壊しをした・・・建物を新築、増築、売却する土地の上にある家などの建物を取り壊しした場合にも不動産の登記が求められるために、建物表題登記や建物表題変更登記、建物滅失登記などの手続きを土地家屋調査士に依頼することになります。

不動産の売却は、トラブルを避けて、スムースに進めたいものです。測量や登記の依頼をして、その業務が完了するまでには、数か月程度かかるケースもありますので、早目に土地家屋調査士に依頼して、必要な手続きを進めて不動産売却を成功させましょう。当店は土地家屋調査士の仕事も行っている秩父地域の「不動産売却専門店」です。不動産についてのご相談、ご売却査定、お見積りは無料でおこなっていますので、お気軽にお問い合わせください。

秩父地域の情報

写真は太平洋セメントの第一工場の跡地に最近、建設された(株)オプナスの秩父工場です。新卒の学生の採用も現在、おこなっているみたいなので、秩父市で就職を希望されている学生さんはご検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 自分の不動産なのに売却できない⁉

  2. 知っておきたい秩父の不動産売却にかかる費用

  3. 相続前に秩父の不動産を売るポイント

  4. 秩父の不動産を売却するときに境界線をはっきりとするワケ

  5. 不動産を売却するときの媒介契約には、どんな種類があるの?

  6. 不動産の売却時の固定資産税の清算について