知っておくべき秩父の空き家を売却する5つポイント

秩父の空き家などの家を売るときに知っておきたいこと

 

空き家などの家の売却をするには、いくつかの知っておきたいポイントがあります。これから見ていきましょう。

周辺の相場をチェックする・・・空き家などの家の売却する場合には、まずは不動産のインターネットサイトや広告を参考に、同じ地域で似たような条件の物件と比較して、相場をつかむことが大切になります。実際に取引された物件や売り出し中の物件を調べます。インターネットに掲載されている物件情報やレインズ(指定流通機構)を通じて、無料で情報収集をすることができます。

家の価格査定のポイントをチェックする・・・空き家などの家の売却の価格査定では、金額に影響してくるいくつかのポイントがあります。基本的には築年数が20年を超えてくると、建物の資産価値がなくなると言われていますが、築年数が古くても、リフォームなどの手入れをしていて、外観、内装、水回りなどの良い状態を保っている家などは相場よりも高く売却できる場合もあります。また、雨漏りやシロアリの被害の有無なども価格査定のポイントとなってきます。

売却が得意な不動産業者を選ぶ・・・空き家などの家の売却をより良い条件で売却するには、不動産会社選びも大切になります。不動産会社でも「賃貸に強い」「売却に強い」「この地域なら強い」といったさまざまな不動産会社があります。会社の規模や知名度にとらわれず、「この地域を得意とする売却に強い」不動産会社を選ぶことが重要にもなってきます。また、家の売却に当たってさまざまな問題にも対応してくれる不動産会社が良いでしょう。

内覧の準備をしっかりしておく・・・購入希望者は内覧をしますが、内覧では写真ではわからない建物の損傷部分や室内や排水の臭い、陽当りや庭の状態なども確認することも多いです。そのためにも前もって清掃や整理整頓、庭の手入れを行い、できるだけ清潔な状態にしておくことで、購入希望者の印象も良くなります。特に内覧時に、まだ居住中の場合には、室内や庭に物が散乱しているような状態では、購入希望者のイメージも悪くなり、売却するタイミングを逃すこともあります。できるだけ清潔な状態にしておくことをお勧めします。

敷地の境界線をはっきりしておく・・・空き家などの家の売却で敷地の境界がはっきりしているかも重要になります。売却対象の敷地がはっきりしていないと、売却後のトラブルになります。測量した図面や境界標がない場合で境界線があいまいな場合には、事前に隣地の方との立会を行い、境界線をはっきりしておきましょう。

以上のようなポイントを事前に知っておくことで、秩父の空き家などの家の売却をより良い条件での「売却の成功」にもつながります。

秩父地域の情報

写真は秩父市滝の上町の「秩父市立秩父第一中学校」です。私もこの中学校を卒業しましたが、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、保護者や来賓が参列しない状況での卒業式を行った模様です。来年は、通常の卒業式が行われることを願っています。

関連記事

  1. 秩父の家を売るときの3つの売却方法

  2. 期間内に秩父の家を売る方法

  3. 売れない秩父の家の理由と売却方法とは

  4. 秩父の中古住宅を売るときにリフォームは必要?

  5. 不動産査定サイトが秩父の家を売ることについて教えてくれること

  6. 秩父の中古住宅を売却するタイミング