転勤で秩父市の家を売るときの失敗しない不動産売却の方法

転勤などで家を売るときは売るのが先か買うのが先か決めておく

転勤や転居などで住んでいる家を買い替えるときに、売るのが先か買うのが先かで迷われる方も多いでしょう。今住んでいる家を売るのですから、実際のところ住み替えのタイミングは難しくなってきます。

住んでいる家を売ってから新しい家を買うのか、新しい家を買ってから住んでいる家を売るのか、いずれにしてもどのようなスケジュールで家の売却を進めるのか決めておいた方が良いのは間違いありません。

まずは新しい家を買うのにかかる時間を確認してみましょう。例えば、土地を購入して新しい家を建てる場合には、設計から始まって、完成するまでに最低でも半年は必要になってくるでしょう。土地の購入さえ決まっていないような場合では、更に時間がかかることになります。

次に住んでいる家を売る場合にはどれくらいの時間がかかるのか把握しておきましょう。不動産の仲介の場合では、最低でも3ヶ月程度を見込んでおく必要があります。すぐに買い手が見つかれば良いのですが、見つからなければずっと売れないようなケースも中にはあります。

家を買い替える場合、住んでいる家を売却して得られるお金を新しい家の購入に充てる人がほとんどだと思いますが、家の売却スケジュールに余裕が無ければ焦ってしまい、納得のいかない金額で売却することになるかもしれません。

住み替えのタイミングは、それぞれのメリットとデメリットを考えた上で、ご自身の資金状況を照らし合わせて考えてみると良いと思います。おおよその考え方は以下のとおりになります。

手持ち資金に余裕がある場合は「新しい家の購入先行」・・・住宅ローンを返済している場合の今住んでいる家と新しく購入する家の住宅ローンが重なっても、問題なく返済ができるのなら、「新しい家の購入先行」でも大丈夫でしょう。仮の住まいを探す心配もいらなく、引越しも一度で済むことになります。

購入したい物件がある場合は「同時進行」・・・このケースでは、家の売却と購入を同時に進めます。ですが、今住んでいる家の売却が済んでしまうまでは、住宅ローンを返済している今の家と新しい家の住宅ローンが重複することになるので、返済が厳しくならないように、事前に資金計画をしっかり立てておく必要があります。

資金計画をしっかり立てておきたい場合は「売却先行」・・・前にも述べたように、住んでいる家を売却して得られるお金を新しい家の購入に充てる人が多いと思いますが、新しい家の購入資金を先に得ておくことは、堅実な方法です。

今住んでいる家の売却を進めながら、さまざまなパターンを考えて資金計画を立てることは大切になります。意外と早く今住んでいる家の売却が済んでしまった場合では、仮住まいにかかる家賃や引越し費用などが別途、必要になる場合もあります。転勤や転居などで家の売却を考えている方はご参考にしてみてください。

当店では秩父地域の不動産の売却についてのさまざまなご相談にご対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

秩父地域の情報

写真は「秩父ミューズパーク」から見える秩父市街地です。展望台からは武甲山、美の山、浦山ダムなどを一望できて、その眺めは最高です。今の季節では雲海も見られる日が多いので、おすすめのスポットです。

 

 

関連記事

  1. 秩父の家を売りたい理由と売却方法

  2. 秘密厳守で秩父の家を売却する完全ガイド

  3. 売れない秩父の家の理由と売却方法とは

  4. より良い条件で秩父市の家を売るコツ

  5. 初めて秩父市の実家を売却する方の失敗しない売却の方法

  6. 秩父の中古住宅を売りたいときの査定方法とは