空き家バンクを利用して秩父の不動産を売るメリットとデメリット

空き家バンクよりも不動産会社に売却の依頼をした方が良いケースも多い

空き家バンクで不動産を売りたいと思っても、「空き家バンクで売るメリットって何?」などの疑問を持っている人も多いと思います。「田舎にある空き家などの不動産を売りたい」という人と「田舎暮らしをしたい」という人をつなげるためにできたのが空き家バンクです。

空き家バンクは、現在、深刻化して社会問題にもなっている空き家問題を解消するために国がはじめた制度です。各自治体のホームページで空き家の情報を公開して、空き家の所有者と田舎に住みたいという人をつなげる支援をしています。

空き家バンクを利用するメリットとして、無料で売りたい物件をの情報を発信できるということがあげられます。空き家バンクを利用するには、空き家のある市町村へ登録する必要があります。空き家バンクへの登録申請が終わると各自治体のホームページに物件が掲載されます。空き家バンクに掲載される物件の情報は、所在地・売却価格・構造や面積・築年数・設備の状況・間取り・写真などです。

空き家バンクのデメリットとしては、空き家バンクを実施している自治体は増えていますが、まだまだ浸透しているとは言えない地域もあり、認知度が低く、買い手が付きにくい場合もあります。どうしても購入希望者は「中古住宅など家は不動産会社で探す」という意識が強いため、空き家バンクの存在が知られていなければ、空き家を売るチャンスはかなり少なくなってしまいます。

空き家バンクの取り組みに力を入れている自治体なら問題ないと思いますので、ご自身がお持ちの空き家のある市町村のホームページ見たり、これまでの取引実績などを直接聞いてみると参考になると思います。

また、空き家バンクに掲載する情報は、基本的にすべて空き家の持ち主が決めることができるために、あまりに相場とかけはなれた価格の設定がされているケースも少なくないです。

「できるだけ高く売りたい」という気持ちはわかりますが、価格を高く設定しすぎてしまうと、なかなか買い手は見つかりません。なので、その地域の相場をしっかりと把握して、適切な価格設定をすることが大切になります。地域の相場を把握しにくい場合には、不動産会社にいくらくらいなら売れるか査定してもらうことがベストです。

また、空き家バンクは物件情報をホームページなどで掲載をするだけなので、買い手が現れるのを待つしかありませんが、不動産会社に空き家などの不動産の売却依頼をすれば積極的に売り出してもらうこともできます。

空き家なの不動産を売却する方は、誰しも「できるだけ高く売りたい」という気持ちがあると思いますので、一度、不動産会社に話を聞いてみることも一つの方法です。空き家のある地域の不動産会社ならさまざま情報やアドバイスが聞くことができるかもしれません。

秩父地域の情報

写真は、西武秩父線の「横瀬駅」です。横瀬駅は石灰石の山「武甲山」の麓、秩父郡横瀬町にあります。西武線の終着駅の西武秩父駅の一つ手前の駅で、特急「ラビュー」も停車します。特急を利用すれば、池袋から80分弱で着くので、秩父にお越しの際はぜひ、ご利用ください。

関連記事

  1. 空き家となっている秩父の家の活用方法とは

  2. 不動産査定で秩父の空き家を売るときにやるべきこととは

  3. 秩父の空き家を売却する2つの方法

  4. 秩父の空き家を売却するための完全ガイド