空き家となっている秩父の家の活用方法とは

空き家の活用方法には大きく分けて「売る」と「貸す」の2つの方法がある

 

親から相続によって譲り受けた実家の空き家。自分は違う場所に家を持っていて、そのままの状態になってからもう数年が経つ。売却するにも元々住んでいた実家なので、少しためらいもある。毎年の固定資産税の納付はあるし、維持管理するのも大変だからどうしたらいいのだろう・・・こんなお悩みのある方もいらっしゃるでしょう。

このような空き家となっている家は、1つ目には「売る」という方法があります。築年数が30年を超えるような古い住宅については、中古住宅としてそのまま売るか、住宅を解体して更地にして、土地として売るといった工夫も必要になります。できるだけ早く売りたいのであれば、近隣の相場より安い価格で、その地域の買い手にとって買いやすい価格帯に最初の段階で設定して売り出すと良いでしょう。売り出した価格の割に良い条件かどうかは、インターネットを通じて色々と比較検討している買い手は、簡単に判断がつきます。この場所で、この広さで、この築年数で、この価格ではお得と思えば、空き家の売却を依頼した不動産会社への問い合わせは増えます。

また、2つ目としては、人が住んでいた空き家であればそのまま住宅用として「貸す」とう方法もあります。空き家の所有している方が大家さんになるわけです。空き家を売却したり、解体せずになるべく活用して、家賃収入を得たい方にお勧めの一つの方法です。

メリットとしては、

不労所得で毎月の家賃収入が入る ②家賃収入から固定資産税や維持管理費用が捻出できる

デメリットとしては、

貸し出す家の維持管理費用がかかる ②借りる方が見つからないと家賃収入がない

また、築年数の経っている住宅であれば、キッチン、お風呂、トイレなどの水回りや設備、内装などを新しいものに変えたり、場合によっては建物自体のリノベーションが必要になったりもします。高く貸す場合でも、部屋のクリーニングやリフォームは必須となります。リフォームやリノベーションを行う場合には、専門業者に頼むケースがほとんどです。築年数が経っている場合は、このような費用がかかるためにあまりお勧めはできません。住宅用で貸し出す場合には、比較的に築年数が浅く、その地域で生活する上で立地や利便性が良く、需要の見込める場所であることなどがポイントになります。

もともとが住宅用ではなく、倉庫や工場だったものなどは、ある程度の広さのある建物なら、会社などの事業用に適しているといえます。このような場合には住宅用とは違い、生活を主体としてはいないので、多くは住宅地から離れた大型車などが入れる道路条件の良い場所であることがポイントになるでしょう。

このような空き家の活用方法もあるので、放置されている家をお持ちの方は、一度考えてはいかがでしょうか。

秩父地域の情報

写真は、国道140号線沿いにあり、秩父市の中心地に位置していて、当店からも近い場所にある「道の駅ちちぶ」です。みそポテトや秩父そばなどの秩父グルメのほかに、秩父市のイメージキャラクター「ポテくまくん」グッズも充実しています。秩父へお越しの際は、一度はお立ち寄りしてみてください。

 

関連記事

  1. 秩父の空き家を売却するための完全ガイド

  2. 不動産査定で秩父の空き家を売るときにやるべきこととは