秩父市の空き家を売ることに困っていませんか?

空き家を売ることに困っていたら頼れる不動産売却のプロに相談しよう!

親から譲り受けた家を活用できずに、管理がされないまま放置されている空き家が年々増加しています。思い出が詰まった大切な財産を他人に売る渡すことは容易ではありません。

 

しかし、建物は時間が経つほどに劣化し、買い手や借り手のつかない状態になってしまいます。「実家を相続したけど、自分は遠方に住んでいて管理ができない」「長いこと放っておいた空き家があるけど、そのままにしている」などと古い家の管理や活用に困っている人も多いと思います。

 

「誰も住んでいない空き家を手放したい!」と思っていてもなかなか売れずに困っている人も多いでしょう。なかなか売れないのはこんな理由があります。

建物が古すぎる・・・空き家が売れない一番の原因としてあげられるのは、築年数が古いことです。時間が経つほど建物の傷み、汚れ、間取りや時代遅れの設備や間取りになってしまいます。売却価格にもよりますが、基本的に空き家は古ければ古いほど売れにくくなります。

再建築不可の敷地である・・・今の空き家は旧建築基準法の時代に建てられた家のため、これから空き家を取り壊しても新しい家が建てられないという土地があります。このような敷地は空き家を購入してから、取り壊して、新しい家が建てられないので、売却することも容易ではなくなります。

 

では一体、このような空き家をどうすれば良いのでしょうか。空き家を売る場合には、頼れる不動産会社に売却の依頼をするがかどうかが重要なポイントです。特に古い家を仲介で売る場合には、より高く、より早く売れるかどうかは不動産仲介会社の裁量によって左右されることが多くなります。

 

そのため仲介を依頼する不動産会社はしっかりと吟味して選ぶことが大切です。まずは、空き家のある地元の不動産会社に相談してみましょう。地元の不動産会社なら、その地域の相場感や需要などをよく知っているからです。

 

そして、その不動産会社の中でも相談の対応が良く、そのエリアの不動産売却に強いか、担当者が親身になって対応してくれるかどうかと言った観点から見極めることをおススメします。

 

誰も使う予定のない空き家は、持っているだけで無駄な維持費を払い続けていくことになります。また、家の状態をチェックできていないと、「庭の木や雑草が伸び放題となって、隣の家にはみだして苦情がきた」などとトラブルにもなりかねません。

 

こうしたことになる前に、誰も使う予定のない空き家を上手に売却しましょう。頼れる不動産会社を見つけて、計画的な売却を進めてみて下さい。

 

秩父地域の情報

秩父のいちごは、1月~6月中旬ころまで楽しめます。埼玉県の新品種「あまりん」や「かおりん」のいちご狩りもあります。コロナ対策実施中の農園ハウスも多いので、一度ご連絡やご予約をしてからお越ししてみて下さい。

秩父いちご

 

 

関連記事

  1. 不動産査定で秩父の空き家を売るときにやるべきこととは

  2. 秩父の空き家を売るマインドは出来ていますか?

  3. 秩父の空き家を売却するための完全ガイド

  4. 空き家バンクを利用して秩父の不動産を売るメリットとデメリット

  5. 空き家となっている秩父の家の活用方法とは

  6. 秩父の空き家を売却する2つの方法