秩父市の土地を売る方法とは

土地を売るときには買取と仲介がある

土地や家を売るときには、不動産会社による「買取」と「仲介」の2種類があります。「何が違うの?」と思われる方も多いと思います。

「買取」とは、不動産会社に直接売る売却方法のことを言います。この場合では、不動産会社が買主になり、土地の場合では、買取った不動産会社は、上下水道の引込みなどの宅地造成工事を行い、再販を行います。

「買取」では、不動産会社が購入希望者に再販を目的として購入するために、売却価格としては安くなります。売却価格が安くなる理由としては、不動産会社は造成工事などにかかる費用を見積もり、更に利益も上乗せして、購入希望者に売ることを目的としているからです。

不動産会社からしてみると、できるだけ安く仕入れて、購入希望者に高く売りたいと言ったところでしょう

売却の期間としては、不動産会社が現地を見て、ある程度の調査をして判断するために、短期間で売却することが可能です。

なので、「買取」に向いている人としては、「安くても構わないから早く現金が欲しい人」があげられます。ただお金に困っていて、売却をするような人にとっては、弱みに付け込んでくるような買取業者もいるために注意をするようにして下さい。

一方で、「仲介」とは不動産会社が買主を探し、売買のマッチングをする売却方法のことを言います。「仲介」では、基本的に一般の消費者が買主となるために、売却価格としては高くなります。

不動産会社は、できるだけ高く購入してくれる購入希望者を探して、仲介手数料を得ることを目的としています。売却の期間としては、広告などにより買主を見つけ出す期間として、数か月程度の時間がかかることが一般的です。

以上のように、「買取」は安く売ることになりますが、早く売却することが可能になり、「仲介」は高く売ることが可能ですが、売却するのに時間がかかるという違いがあります。なので、土地をなるべく高く売りたい方にとっては、やはり「仲介」を選択する方が良いでしょう

「仲介」では多くの人が購入検討してくれるので、相場よりも高く売却できる可能性もあります。

秩父市の土地を売ることをお考えの方は、ご参考にしてみて下さい。

秩父地域の情報

写真は、「市報ちちぶ」の12月号です。秩父地域の不動産売却専門店の当店も「お知らせのページ」に広告掲載しました。毎月1回発行されていて、毎月の発行部数は約26,500部で、秩父市のさまざまな情報や催しが掲載されています。秩父市民の方はぜひ一度、ご覧になってみて下さい。

関連記事

  1. 相続した秩父の土地を売るときの測量の必要性とは?

  2. いらない土地を放置するデメリット

  3. 境界が決まっている秩父市の土地売却は安心って本当ですか?

  4. 売りたい秩父市の空き地を売却するために知っておくこと

  5. 相続した秩父の土地を売却するヒント

  6. 分筆して秩父市の土地を売る方法