秩父市の不動産を売りたいときの不動産査定とは

売りたい不動産の価格を知るための不動産査定の方法は2種類ある

不動産を所有していて売りたくても、どのようにすれば良いのか困っている人もいます。その中でも、「自分の持っている不動産がどのくらいで売れるのか」という方も多いと思います。

「転勤や転居などで家を売りたいとき」や「相続したけど誰も使わなくなった家や農地、空き地などの不動産売りたいとき」に売りたい不動産の価格を不動産会社が調べる場合には不動産査定を行います。不動産査定の方法は一般的に以下の2種類があります。

机上(簡易)査定・・・机上査定は売りたい不動産の所在地や面積、家の場合では構造や築年数などだけを不動産会社に伝えて、簡単に不動産査定を依頼できて、おおまかな価格を知ることができるのがメリットです。

ただ、安易にインターネットでよく見かける不動産査定サイトなどで不動産会社に査定依頼をおこなうと、個人情報の流失や営業の電話などが頻繁にある可能性があります。そのようなことを避けたい場合には、不動産の売却を得意とする地元の信頼できる不動産会社に不動産査定を依頼することをお勧めします。

依頼する際には、その不動産会社のホームページを一度は見て、行っている事業の内容を確認することも大切です。その不動産会社の得意とする分野や専門性をつかめるからです。

また、机上査定では不動産査定の価格を必ずその金額で売れると思わないこともポイントになります。あくまでもある程度の情報を基に不動産査定するので、「このくらいで売れる」程度の目安として考えましょう。

訪問査定・・・訪問査定とは、売りたい不動産の現地を訪問して査定をすることを言います。訪問査定のポイントは実際に現地を訪問して状況を確認するので、机上査定よりも精度の高い価格を知ることができます。

机上査定のようにすぐに価格を知ることはできなく、売りたい不動産をお持ちの方と直接会って、その不動産の状況を聞くことになります。

特に家の不動産査定では部屋の間取りや内装、台所、浴室、リフォームの経緯など内部の状況がどのようかでも変わってくるので、情報の収集は重要になるからです。

また、役所や法務局などの資料も収集して不動産査定を行うので、ある程度の時間も必要になります。急いで売却する必要がないのであれば、不動産査定の依頼をした不動産会社の意見や情報も聞くことができるので、不動産を売りたいときに役立つ情報や知識を得られるかもしれません。

不動産の売却は、人生でも普通では一生に一度あるかないかのことなので、いずれにしても親身になって相談やアドバイスをしてくれる不動産会社に不動産査定を依頼したほうが良いです。

秩父地域の情報

写真は、秩父市上野町の国道140線沿いの「マクドナルド140秩父店」です。道の駅ちちぶ、ウニクス秩父の国道向かいにあります。当店からも近い場所にあり、朝7時から営業していて、ドライブスルーもあるので、私も利用させていただいています。

関連記事

  1. 売却したほうが良い秩父の不動産とは

  2. 売りたい秩父市の不動産があるときにするべき3つのこと

  3. 秩父の不動産売却であなたはこんな間違いをしていませんか?

  4. 秩父の不動産買取と仲介の決定的な違いとは

  5. 秩父の不動産を売却したい!その理由とは?

  6. 不動産売却の時に測量しないと売却できない⁉