秩父の家を売るためのヒント

秩父の家をより良い条件で売却するためには

 

秩父の家をより良い条件で売却するには、次のような5つのポイントがあります。このようなポイントを日頃から意識することで、短期間でスムーズに家を売ることにもつながります。

周辺の相場をチェックする・・・家を売る場合には、まずは不動産のWebサイトや広告を参考に、同じ地域で似たような条件の物件と比較して、売りたい家の相場をつかむことが大切になります。実際に取引された物件や売り出し中の物件を調べます。ポータルサイトなどのWebで売り出されている物件情報やレインズ(不動産指定流通機構)でも無料で情報収集をすることができます。

売りたい家の価格のポイントをチェックする・・・一戸建ての中古住宅の価格査定では、金額に影響してくるいくつかのポイントがあります。木造の家では、基本的には築年数が20年を超えてくると、家の資産価値がなくなると言われていますが、築年数が古くても、リフォームなどの手入れをしていて、外装、内装、水回りなどの良い状態を保っている家などは相場よりも高く売却できる可能性もあります。また、雨漏りやシロアリの被害の有無なども価格査定のポイントとなってきます。

売却が得意な不動産業者を選ぶ・・・秩父の家をより良い条件で売却するには、不動産業者選びも大切になります。不動産業者にも「賃貸に強い」「売却に強い」「この地域なら強い」といったさまざまな不動産業者があります。会社の規模や知名度にとらわれず、「この地域を得意とする家の売却に強い」不動産業者を選ぶことも大切になってきます。また、売却に当たってさまざまな問題にも対応してくれる不動産業者がベストです。

内覧の準備をしっかりしておく・・・中古住宅などの家の購入希望者は内覧をしますが、内覧では写真ではわからない建物の損傷部分や室内や排水の臭い、陽当りや庭の状態なども確認することも多いです。そのためにも前もって清掃や整理整頓、庭の手入れを行い、できるだけ清潔な状態にしておくことで、購入希望者の印象も良くなります。特に内覧時にまだ住んでいる場合には、室内や庭に物が散乱しているような状態では、購入希望者のイメージも悪くなり、家を売るタイミングを逃すこともあります。できるだけ清潔な状態にしておくことをお勧めします。

敷地の境界線をはっきりしておく・・・家の売却でも敷地の境界がはっきりしているかも重要になってきます。売りたい家の対象の敷地がはっきりしていないと、売却後のトラブルになります。測量した図面や境界標がない場合で境界線があいまいな場合には、事前に土地家屋調査士に依頼をして、隣地の方との立会を行い、境界をはっきりしておきましょう。

両親が住んでいた家を相続したけれど、住まない家の売却を考えている方や転勤や離れていた実家に戻ることになったなどで、家の売却を考えている方は参考にしてみて下さい。

秩父地域の情報

写真は秩父郡皆野町の「道の駅 みなの」です。地元の新鮮野菜やきのこ類、手作りまんじゅう、地酒・ワインがあり、秩父ならではの特産品があり、訪れた方の人気のスポットになっています。秩父を訪れた方は一度、立ち寄ってはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 不動産登記から知ることのできる秩父の不動産売却の注意点

  2. 相談で多い秩父の不動産を売るときの内容とは

  3. 秩父の不動産を売るときに必要なこと

  4. 秩父の不動産売却を成功させるポイント

  5. 境界線が曖昧なままの土地の売却は極めて危険⁉

  6. 秩父の不動産売却後の固定資産税は誰が支払う?