秩父の家を売りたい理由と売却方法

秩父の家を売却したい理由とは?

 

不動産を購入したい理由にはさまざまな理由があるように、住まいを売却したい理由もさまざまあります。住まいを売却する方で売りたい理由の一つに、近年では増えてきている実家に両親と子供たちで今まで住んでいたが、子供たちが成長し独立し、別な住まいを持つことがあります。実家には、高齢な両親だけが住んでいたが、他界して、住む人がいなくなり、空き家になってしまいます。その空き家を相続した子供が家を売却されるというケースです。住まなくなった家を売却することで、空き家が現金化できることや、空き家の維持管理費、固定資産税など税金の支払いがなくなるというメリットから売却するという方です。

家を売却する方で売りたい理由で多いのは、住まいの住み替えとうケースも多くあります。現在の住まいが家族が増えて、家が手狭になったケースや住環境や転勤、通学先などの変更などで住まいの買い替えを希望して、家の買い替えの資金として売却するケースです。

住まいの買い替えなどポジティブな理由で、家を売却する理由がある一方で離婚や住宅ローンの返済ができないなどのネガティブな理由で家を売却するケースもあります。住宅ローンの滞納が長期化してしまい、金融機関もこれ以上の返済を見込めないと判断すると抵当権が実行され、競売により強制的に売却をせざるを得ない状況も生まれます。何らかの理由で収入が減り、住宅ローンの返済が難しく、滞納が長期化する前にできるだけ早い時期に、まずは住宅ローンの借り入れをしている金融機関に相談することをお勧めします。

相続した家の売却方法

相続した家を売却するケースでは、相続人が複数となる場合が想定されるには、一度、相続人の一人がその家の相続登記をして、売却し、現金化して、相続割合に応じて相続人が現金を分け合うことも一つの方法です。相続人が複数となるケースでは、家の売却をするときに相続人の全員の印鑑証明書などの書類が必要になってきます。そのようなことを面倒と考える方は、選択肢の一つになります。ご参考にしてみて下さい。

当店は、日頃よりさまざまな理由で一戸建ての家などの売却をするお手伝いをさせて頂いています。ご相談については秘密厳守でご対応してますので、お気軽にお問い合わせください。

秩父地域の情報

写真は当店からもほど近い秩父市上宮地町の「秩父市立秩父第一小学校」です。私も小学校の頃には、この小学校に通っていました。近年では少子化の影響で児童数も私の時代よりも減っているようです。

関連記事

  1. 売れない秩父の家の理由と売却方法とは

  2. 不動産査定サイトが秩父の家を売ることについて教えてくれること

  3. 秩父の中古住宅を売りたいときの査定方法とは

  4. 秩父の中古住宅を売却するタイミング

  5. 知っておくべき秩父の空き家を売却する5つポイント

  6. 期間内に秩父の家を売る方法