秩父の中古住宅を売却するタイミング

中古住宅は相場の下落が早い

中古住宅や空き家などの家は、築年数が経過するにしたがって価値が下がります。家を高く売りたいなら、築年数が浅いうちに「できるだけ早く売る」ことが大切になります。特に木造の中古住宅や空き家などの家は、鉄筋コンクリートのマンションなどに比べて、価値の下落スピードが速くなります。

最も急激に相場が下落するのは、築10年までの家と言われています。築年数が10年になるまでに、一般的には新築時の価格の半分くらいまで、相場が下落します。築10年までは、価値の下落スピードが速くなるために、築年数が1年違うだけでも、その価値は大きく変わる場合があります。このため、築10年未満の家の売却を検討している方は、なるべく早い決断をすることをお勧めします。

築10年を過ぎた家の価値は、価値の下落スピードが少し緩やかになる傾向があります。一般的な目安としては、築15年で新築時の3割程度、築20年で2割程度まで相場が下落すると言われています。基本的には、木造の一戸建ての家は、耐用年数が22年となっているために、築20年を超えると価値はほとんど無くなってしまうことになります。中古住宅や空き家などの木造の家の価値は、築20年が限界になることを一つの目安としておくと良いでしょう。

築20年を超えた家は、不動産自体の価値は、ほとんど無くなり、相場は横ばいの状態が続きます。また、築30年を超えると、家を解体して、更地にした方が売却しやすいこともあります。リフォームやリノベーションなどを行った場合は別ですが、何も手入れや修繕をしていない場合は、家として売り出す価値は基本的に無くなり、土地のみの価格になってきます。

また、中古住宅や空き家などの家を売却するタイミングとしては、住宅ローンなどの金利が低いときの方が高い金利のときよりも「売り時」であると言えます。金利は購入希望者が住宅ローンを組むときに影響しますが、金利が低いほど、利息も少なくなるために購入希望者にとっては、住宅ローンが組みやすくなるからです。中古住宅や空き家などの家を同じ価格で購入しても、そのときの金利次第で最終的な支払い金額は、変動してきますので、購入希望者の目線で考えた場合、低い金利の方が買い手も付きやすくなります。

中古住宅や空き家などの家が売れる可能性や売却価格は、売却する時期やタイミングによって変わってきます。適切なタイミングで売却出来れば、購入したときより高い金額で売れる可能性もあります。一方で、タイミングを間違えてしまうと、購入したときよりも低い金額で売却することになり、損失が出る可能性もあります。また、中古住宅や空き家などの家を売却する場合には、売買仲介を依頼する不動産会社を正しく選ぶことも大切です。ノウハウを兼ね備えていて、誠実に売却活動を行ってくれる不動産会社であれば、想定して以上に高く売却することもできるかもしれません。ご参考にして、中古住宅や空き家などの不動産売却を成功に導きましょう。

秩父地域の情報

写真は、秩父市と横瀬町に位置している標高1304mの「武甲山」です。石灰石の採掘もされていて、遠くから見ても採掘跡がよく分かるピラミッド型の山で、日本二百名山にも指定されています。あまり混み合うこともないので、静かな山歩きを楽しみたい方におすすめです。

関連記事

  1. 秩父の家を売るときの3つの売却方法

  2. 期間内に秩父の家を売る方法

  3. 不動産査定サイトが秩父の家を売ることについて教えてくれること

  4. 秩父の家を売りたい理由と売却方法

  5. 秩父の中古住宅を売るときにリフォームは必要?

  6. 売れない秩父の家の理由と売却方法とは