秩父の中古住宅を売るときにリフォームは必要?

中古住宅を売却するときには基本的にリフォームは要らない

購入希望者が中古住宅を購入する場合には、家の状態をチェックして購入を決めたり、価格交渉の材料にします。購入希望者が家をの状態をチェックするポイントはいくつかあります。家の状態としてチェックすることは、床などのフローリングやクロス(壁紙)の痛み具合を確認します。傷みが多いようであれば、住んでいたときに家をあまり大事に使っていなかったという考えにもなりますし、ヤニで壁紙などが黄ばんでいるようであれば、タバコを家の中で吸っていたという考えにもなります。

また、水回りであるキッチンやトイレ、浴室や洗面所などの汚れはほとんどの人が、キレイな状態になっているか確認します。ドアや窓のサッシの痛みや汚れも気になる購入希望者も多く、傷みがそれほどなくても、汚れが激しいと「あまり家を管理していなかったのでは」と思ってしまう方もいます。

当然のことですが、購入希望者は家の中がキレイな状態であると確認できれば、それだけ家の購入を前向きに検討します。なので、家の売却前にリフォームして、価格も高くして、できるだけ購入希望者を集めたいと考える人もいるでしょう。しかしながら、実際にはそれほど家を売却する前にリフォームをする必要があるとは言えません。なぜなら、購入希望者のほとんどは、中古住宅を購入してから実際に住むときには、壁紙や設備などは、自分の好みがあるので、デザインや機能などを自分で選んで、好きなようにリフォームをすることを前提に考えているからです。

また、リフォームした場合にかかる費用と、リフォームをしたことで得られる利益の差も大切になります。確かにリフォームしたことで、家の価値は上がりますが、リフォームにかかった費用より高く売却できることは、ほとんど期待できません。つまりは、リフォームしたことによって、利益としては損をしてしまうことになります。多少、家の価格が安くなってしまったとしても、リフォームをしないでそのまま売却した方が、結果的にはお得になります。

一方で、家の売却前にリフォームをした方が売りやすいというケースもあります。築年数が古い家では、水回りがかなり汚くなっていて、不具合もおきている場合などです。購入希望者は特に水回りを重視しますので、水回りがキレイで使いやすいと印象も良くなります。とは言え、前述の通りでリフォームにお金をかけ過ぎても無駄になります。

そこで、あまり費用をかけずに済み、購入希望者に良い印象を与えることが必要になります。例えば、温水と冷水が別々になっているような場合では、混合水栓に交換することやふすまや障子、建具が痛んでいたりすると、家全体の印象が悪くので、貼り替えなどの低予算でできる修繕をおこなうと印象も良くなるでしょう。

当店では秩父の不動産を売却したい方のサポートを行っています。ご相談、ご売却査定は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

秩父地域の情報

写真は、秩父駅に併設されている「秩父地場産センター」です。1階に物産コーナーがあり、秩父の地酒、農産加工品、和菓子、味噌、醤油、そば・うどん、季節の野菜などの販売も行っています。秩父にお越しの際は、一度、お立ち寄りしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 期間内に秩父の家を売る方法

  2. 親が住んでいた秩父市の家を売るときにやるべきこと

  3. 初めて秩父市の実家を売却する方の失敗しない売却の方法

  4. 知っておくべき秩父の空き家を売却する5つポイント

  5. 秩父の中古住宅を売却するタイミング

  6. 相続した秩父市の家を高く売る方法