秩父の中古住宅を売りたいときの査定方法とは

秩父の中古住宅を売るには2つの査定方法がある

 

お持ちの一戸建ての中古住宅などの不動産を売る場合には、不動産会社に「中古住宅がいくらになるのか」査定を依頼することで、売却する価格を算出してもらうことから始まります。不動産会社は査定したした価格を依頼者に提示して、納得した上で媒介契約を結ぶことになります。不動産業者は、媒介契約を結んだ後に売却活動を行い、買い手が決まり、売買契約が成立してから、仲介手数料という報酬を受け取るという形をとっています。売主としては、売却したい物件に関する情報をしっかりと不動産会社に伝えておくことで、売却もスムースに進めやすくなります。

一戸建ての中古住宅などの不動産の査定方法としては、一般的に下記の2種類があります。

簡易査定・・・簡易査定とは机上査定とも言われる査定方法で、ある程度の物件情報だけで机上で査定を行います。例えば、秩父の不動産の査定依頼を電話やメールで受け取った不動産会社は、その売却したい物件の土地の広さや立地、地目など、中古住宅の場合では、構造、階数、広さや築年数などと言った情報を基に価格の査定を行います。基本的には現地を見ないことになり、土地や家の詳しい状況も調べないために査定した価格の精度は高くありません。特に中古住宅などの建物では、物件の個々の状態がさまざまであるために、簡易査定ではより正確な価格を算出するのは、難しくなります。簡易査定の多くは、取引事例がもとになっているために、妥当性のある価格ではありますが、実際の現場の状況を踏まえてはいないために、算出される価格はあくまで概算です。なので、簡易査定は、売却するかどうかをまだ、検討している段階にある方に向いている査定方法になります。

訪問査定・・・訪問査定とは、簡易査定と同じく机上査定を行った上で、現地に出向き、その土地の現況や家の外部、内部の劣化状況、設備の状況、周辺の状況などの調査をより詳しく行います。簡易査定と比較すると精度の高い査定となりますが、訪問査定は簡易査定と比べて、時間はかかります。一戸建ての中古住宅などの場合、これまでの部屋の使用状況やメンテナンスの実施状況なども査定価格を左右する要因になります。例えば、リフォームやリノベーションをして間もない家の場合などでは、簡易査定した価格よりもプラスの価格になることもあります。逆に、築年数の割には床や壁、天井などの痛みが多かったり、キッチンやトイレ、浴室などの設備に不具合があったりする場合では、マイナスの価格になることもあります。不動産会社と売却する価格を決めて、媒介契約を結ぶ際には、訪問査定で算出した価格を参考にして決めることになります。なので、より具体的に売却を考えている方は訪問査定を依頼する方が良いでしょう。

不動産会社は、いくつかの手法を用いて一戸建ての中古住宅などの不動産の査定を行いますが、査定価格にはやはり差が出てきます。売却したい物件の地域に関しての情報を持っている、地元に密着したいくつかの不動産会社に査定依頼をして、その物件の価格の相場観を持つことも大切になります

秩父地域の情報

写真は秩父市の中心地に位置する秩父神社の「神門」です。結婚式もおこなうことが出来て、埼玉県内外を問わず、毎年、全国から参拝者が訪れます。

 

関連記事

  1. 秩父の家を売りたい理由と売却方法

  2. 秩父の中古住宅を売るときにリフォームは必要?

  3. 秩父の家を売るときの3つの売却方法

  4. 秘密厳守で秩父の家を売却する完全ガイド

  5. 知っておくべき秩父の空き家を売却する5つポイント

  6. 売れない秩父の家の理由と売却方法とは