秩父の不動産買取と仲介の決定的な違いとは

不動産買取と仲介の違いとメリット、デメリットについて

 

秩父の不動産の売却を検討している方の中には、「不動産の買取」と「不動産の仲介」の違いが分からない方もいらっしゃるかと思います。ここでは、それぞれの違いやメリットについて説明していきます。

【買取】・・・売却したい不動産を不動産会社に買い取ってもらうことです。「買取」のメリットとしては、不動産会社に買い取ってもらうために買い手を探す必要がなくなるために、売却金額が決まれば仲介と比べてスピディーに売却が可能になり、現金化できます。また、仲介で売却を行う場合には、仲介手数料を依頼した不動産会社に支払わなくては行けませんが、不動産会社との直接の売買になるので、仲介手数料が不要になります。持ち主が売却する際には、売却物件の広告なども出されることもないので、ご近所に知られたくないような場合でも、できるだけ売却を知られずに済むことも可能になります。

持ち主から売却物件を購入した不動産会社は、そのままの状態かリフォームやリノベーションなどを行い、売り出しをします。デメリットとして大きいのが、不動産会社は利益を見込むために、買取の場合の売却金額は相場よりは、かなり低めになるということです。

【仲介】・・・売却したい不動産を不動産会社に買い手を探してもらうことです。仲介の場合は、時間をかけて納得のできる金額での売却が可能となります。仲介の依頼を受けた不動産会社は売主と決めた金額でインターネットやチラシなどの広告媒体で買い手を探します。「仲介」のメリットは基本的に一般の方の買い手との売買になるので、「買取」と比べて高い金額で売ることが可能です。ただすぐに買い手が見つかるとは限らなく時間がかかる場合もあることや、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。また、高く売りたいために、最初から相場よりもかなり高い金額で売りに出すと、「売れ残り」が出てしまい、最終的には、より安く売らなければいけないこともあるので、最初の売り出し金額の設定には、注意が必要になります。

バイクや車などは買取が普通ですが、不動産の売却は「仲介」の方が一般的です。売主としてはなるべく高く売りたいということが多いため、急な転勤などで売却を急ぐ場合などは別として、最初は「仲介」での売却方法をお勧めします。仲介は不動産会社が一般市場で広く買主を探すので、その分、相場通りの金額で売れる可能性が高まります。また、不動産会社に仲介手数料を支払っても、売主の利益は必ず「買取」よりも多く見込めるからです。ある程度の時間が経っても売却できないような場合であれば「買取」という選択に切り替えることを検討することが良いでしょう。

以上をご参考にご自身の諸事情、売却方針にあった最適な売却方法をご検討してみてください。

秩父地域の情報

写真は、秩父ミューズパーク内の噴水広場です。秩父も連日にわたり、気温30℃を超える真夏日になっていて、噴水の水もぬるま湯になっていました。秩父市の防災無線でも熱中症注意のアナウンスが流れているので、皆さん、熱中症対策をして十分お気を付けください。

 

関連記事

  1. 秩父の不動産を売るときに誰もが知っておくべきこと

  2. 中古住宅の売却におけるポイント

  3. 準備しておくと良い秩父の家の売却について

  4. 不動産を売却する場合に必要な情報とは①

  5. 不動産の売却時の固定資産税の清算について

  6. 秩父の一戸建て中古住宅の売却についての注意点