秩父の不動産売却を成功するための準備

秩父の持ち家を売却するときに内覧はポイントなる

 

秩父の不動産会社へ持ち家や空き家などの不動産の売却を依頼すると、不動産会社は売り出すための物件の宣伝を行います。売り出しの広告を見た購入希望者が実際の物件を見ることが内覧です。持ち家や空き家などを売却するには、さまざまな手続きが必要になりますが、そのなかでも「内覧」は買い手に最も重視されます内覧では物件の購入希望者が家の中を見てもらうことになりますが、現在ではネットに間取りの写真や情報が多く掲載されていることもあり、賃貸アパートなどでは内覧をしないで、物件の写真や情報だけで入居を決める方もいます。ただ、家の購入となると内覧をしないで購入を決める方はいません。

外からの見た目や築年数が浅い物件だとしても、家の中にゴミが散々としているような物件では印象も悪くなり、物件購入希望者も買う気にはなりません。不動産会社に販売活動を任せておけば大丈夫と考えている人がほとんどなので、自ら積極的に内覧に対する対策をしている方はあまりいないのが現状です。売主様自身が積極的に整理、整頓を行うことが家を高く、早く売ることができる対策にも繋がります。時間的に余裕のない方や、面倒だと感じている方はクリーニング業者に依頼しても良いでしょう。不動産会社もクリーニング業者を紹介してくれる所は多くあります。

内覧でのポイントとしては、まず水回りを重点的に清掃することがあげられます。キッチン、浴室、トイレなどといった水回りの汚れは目立ちやすく、購入希望者も意識しやすいので、水回りをきれいにしておくことで、印象も良くなります。また、リビングを整理整頓することも室内が広い印象も与えます。収納などクローゼットの中も購入希望者が見ることを想定して、整理整頓することや家の敷地に庭がある場合では、雑草の駆除やごみの片付けなども大切になります。

また、家を売る理由を聞く購入希望者も多くいるために、売る理由をなるべく包み隠さずに伝えることも必要です。家を売る理由を率直に伝えることで、購入希望者にも信頼を得ることができます。

購入希望者が内覧をして、購入を断られたらその理由を必ず聞くことも必要です。断られた理由を聞くことにより、改善点を見つけるチャンスにもなります。断られた理由は仲介した不動産会社に連絡されるケースがほとんどなので、不動産会社から断られた理由を聞くようにしましょう。

持ち家や空き家の売却は通常では、人生で一度あるかないかのことなので、購入希望者が内覧することを意識して、売主様が個人的にできる最低限の売却準備を行うことが売却成功の一歩にも繋がります

秩父地域の情報

写真は西武秩父駅から徒歩20分くらいで、秩父市の東側に位置し、県立武甲自然公園の西北部に含まれている緑豊かな自然に囲まれた羊山公園です。秩父市民の憩いの場として親しまれています。

 

関連記事

  1. 売却する不動産の情報を整理する②

  2. 高齢の親が持っている秩父の不動産の売却方法

  3. 成功するための秩父市の不動産を売る秘訣とは?

  4. 秩父の不動産を売却したい!その理由とは?

  5. 秩父市の不動産を売るときに測量が必要なワケ

  6. 秩父の家を売るためのヒント