秩父の不動産売却で失敗した人が決まって答えられない問題

秩父の不動産売却で失敗するパターン

 

不動産の売却を失敗した多くの原因には、準備不足、確認不足があります。もう少し念入りに行動していれば防ぐことのできた原因がほとんどです。「早く、高く」売りたいがために冷静さを失ったり、時期や価格にとらわれて過ぎて、結果的に売れ残ったり、売却できたとしても時間が掛かったりというようなことがあります。秩父の不動産売却に失敗しないためにも次のことに注意しましょう。

相場がわからないままに売却活動を行う・・・不動産の価格は相場で決まると言っても過言ではありません。売りたい不動産の相場がわからないまま、自分で売りたい価格を決めても、周辺の相場とかけ離れていたら売れなくなります。売りたい不動産の相場を調べる方法で簡単な方法には、ポータルサイトで周辺の物件がいくらで売りに出されているのか調べることができます。また、売りたい不動産の地域にある不動産会社に聞くことも良いです。売りたい不動産の地域にある不動産会社なら、地元の不動産相場についてより詳しい情報を持っています。無料で不動産の価格査定をおこなってくれる、対応の良い不動産会社をお勧めします。

価格の査定が高額だったという理由だけで不動産会社を選ぶ・・・不動産を売却するときには、いくつかの不動産会社に依頼する場合が多いですが、その中で一番高い不動産会社に売却依頼してしまう人がいます。査定価格はあくまで「売れると予測できる金額」であって、必ずその価格で売れる訳ではありません。

不動産売却を成功させるには、売却依頼した不動産会社の積極的な宣伝活動が必要になります。なので、ネット広告が主流な現在では、チラシやポスティング広告しか行わないような販路の狭い不動産会社は避けた方が良いでしょう。また、熱心に売却活動をしてくれなかったり、できるだけ多くの購入希望者を集める広告方法をしてくれない不動産会社に売却の依頼をしてしまうと、売れ残ったり、売却時期が遅れたりしてしまう可能性が高くなります。

③値引を拒んで売却のタイミングを逃す・・・自分が希望している売却価格にこだわり過ぎて、売却できるタイミングを逃してしますケースがあります。

仮に自分が2,000万円で売りたいと希望していて、最初の購入希望者が「1,800万なら購入する」と言ってきたとします。もう少し待っていれば、自分の希望している価格で買ってくれる人が現れるかもしないと思ってしまい、購入希望者との交渉を拒んで、新しい購入希望者を待つケースがあります。しかし、その後は一向に購入希望者が現れず、結局、売却期間も遅れ、最初の購入希望者が言ってきた価格よりも安い価格で売却したり、売れ残ったりするケースもあります。希望する高い価格で売りたいと固執し過ぎて結果的には、売却に失敗してしまうことになります。売却の依頼をした不動産会社の意見も聞き、購入希望者の値引き交渉にも応じる柔軟な姿勢も不動産売却で失敗しない秘訣の一つにもつながります。

秩父地域の情報

写真は秩父のシンボルでもある武甲山を東に望む羊山公園内の芝桜の丘の入口です。今年はコロナの影響で芝桜が中止になりましたが、例年では、たくさんの人が訪れている秩父の名所となっています。

 

 

関連記事

  1. 相続した不動産を売却するには、どんなことが必要?

  2. 不動産売却の契約をしたときの手付金とは?

  3. 土地家屋調査士が秩父の不動産を売るときに必要なワケ

  4. 不動産売却する時期を判断するポイントとは

  5. 空き地を売却するためにやっておくべきこと

  6. 秩父の不動産を売るときに必要なこと