秩父の不動産売却であなたはこんな間違いをしていませんか?

知っておくとためになる不動産売却の間違いについて

不動産の売却では、誰もが同じような同じような間違いをしがちです。何度も不動産を売る方はそうはいないので、不動産の売却について間違って認識しているのは仕方ないことかもしれません。

ただ、どんな間違いが多いのか前もって知っておくことで、不動産の売却の計画が狂う可能性は低くなり、成功する可能性は高くなります。ここでは、どのような間違いが多いのかあげてみます。

最初の売り出し価格が適切でない・・・「最初の価格設定が適切でない」ということも、不動産の売却ではたびたびあります。売主にとっては、少しでも高く売りたいと考えますが、これは当然のことでしょう。

ただ、最初から近隣の相場よりも高い売り出し価格を設定してしまうと、なかなか買い手が見つからない状況になります。また、最初の価格設定を間違えると、売り出した後に急に価格を下げても、あまり良い効果が得られなくなります。何故なら、買い手に「時間が経てばまだ、価格が下がるのではないか」とか「急に価格が下がるのには何かワケがあるのではないか」と思われてしまい、物件の購入を先送りされてしまう可能性もあるからです。

最低売却価格を決めていない・・・最低売却価格とは、売主が売却価格について納得できる最低金額ですが、この最低売却価格を自分なりに設定していないと、売却期間は長期化する傾向にあります。

例えば、一戸建ての家を2,000万円で売却したいという売主は「2,000万円で買う人が現れるまで待とう」と考えますが、1,800万円や1,700万円で購入したいと買い手が現れた場合には、なかなか2,000万円では買ってくれないという状況になります。

一方で、「本当は2,000万円で売りたいと考えているけど、1,800万円で買う人が現れたら売ろう」というように、許容できる最低売却価格を決めておけば、よりスムーズな不動産の売却に繋がる可能性があります。

売却期間を見込んでいない・・・不動産の売却に必要な期間は、一般的に3ヶ月程度と言われていますが、不動産の売却ついてスケジュールを立てる時間、売却物件の調査や売却価格を決める時間も確保しなければならないことを考えると、3ヶ月では足りない可能性が高いです。可能な限り、早めに不動産の売却を得意とする不動産業者に相談して準備することをお勧めします。

秩父地域の不動産を「早く現金化して、不動産を売却しよう!」とお考えの方は、秩父地域で調査、測量、登記もできる不動産売却専門店の当店へご相談ください。ご相談、ご売却査定は無料ですので、お問い合わせをお待ちしております。

秩父地域の情報

写真は、羊山公園より見下ろした秩父市街地です。秩父山地に囲まれた盆地で、夏場はかなり暑くなります。今年も9月に入りましたが、30℃を超える猛暑日が続いています。秩父地域は自然が多いので、都心部より体感的には涼しさを感じることができると思います。

 

 

関連記事

  1. 秩父の不動産を早く売る方法

  2. 空き地を売却するためにやっておくべきこと

  3. 不動産売却の際の不動産業者選びのポイント

  4. 秩父の不動産売却を成功させるポイント

  5. 境界線が曖昧なままの土地の売却は極めて危険⁉

  6. 秩父の一戸建て売却で「成功する人」と「失敗する人」の決定的な違い