秩父の不動産を早く売る方法

秩父の不動産を早く売る方法は3つある

 

家などの不動産は持っているだけでも税金がかかる上に、住んでいない家は早く老朽化が進みます。家などの不動産を売ろうと決めたら、出来るだけ早く売ってしまいたいと考える人が多いと思います。では、どうすれば早く家などの不動産を売ることが出来るのか。以下の3つの方法があります。

近隣相場よりも安く売りに出す・・・不動産の売買取引では、不動産の価格と売れるまでの時間の早さは、なかなか両立することは難しいです。早く売りたいと望んでいるのであれば、価格はある程度低く決める必要があります。買い手の視点になって考えると、同じ条件のような物件がいくつかあるとしたら、価格が低い物件をまず最初に候補にあげます。そのためにも、近隣相場よりも少しだけ安く売りだすことで、早く売ることも可能になってきます。

価格を低く売ることは、必ずしも損につながる訳ではありません。どうしてかというと、売りに出した期間が長引くほど、固定資産税や都市計画税といった税金もかかり、さらには、家について言えば、売却期間が長引いて築年数が増すと価格を下げざるを得なくなります。最初から思い切って売り出し価格を低くすることで、早く買い手がつき、実質的に得をすることもあります。

不動産業者に買い取ってもらう・・・不動産業者に買い取ってもらうことのメリットとしては、不動産業者の判断次第で、1ヶ月程度で売ることが出来ます。仲介での売却の場合には、物件を預かってから、早くても3ヶ月ほどはかかります。そして、不動産業者の買い取りなので、仲介手数料もかかりません。しかし、不動産業者の買い取りは仲介と比べての価格に関しては、近隣相場の半分以下の価格になってきます。なぜなら、不動産業者も買い取った不動産の売れなかった場合のリスクを考えるからです。そのため、そんなに急いで売りたい訳ではなく、高く売りたいという場合には、不動産業者の買い取りよりも仲介を依頼するのがおすすめです。

仲介と買取を合わせた買取保証を利用する・・・出来たら高く売りたいど、何年も売れないのは困ってしまうという方には、買取保証という方法もあります。買取保証とは、仲介と買取を掛け合わせた方法のことで、最初に決めた期間は仲介で売りに出して、買い手が決まらなかった場合には、不動産業者の買取に変えるというものです。売れなくても最終的には、不動産業者が買い取ってくれるという安心感があり、すぐに買い取ってもらうより、高く売れる可能性があります。ただ、不動産業者によっては、買取保証が出来るところと、出来ないところがありますので、ご希望の方は不動産業者に確認してみると良いでしょう。

秩父地域の不動産情報

秩父市下影森の売地の情報です。形状もほぼ長方形で、2つの道路から進入できます。広さも109坪で、陽当り良好の売地です。建築条件もありませんので、お気軽にお問合せください。

 

 

関連記事

  1. 不動産登記から知ることのできる秩父の不動産売却の注意点

  2. 秩父市の不動産売却の方法~その1~

  3. 持ち家が売れない理由について

  4. 秩父の不動産売却を成功するための準備

  5. 不動産売却の時に測量しないと売却できない⁉

  6. 中古住宅の売却におけるポイント