秩父の不動産を売りたいときの価格査定について

不動産の価格査定の方法は2種類ある

 

秩父の不動産を所有していて売却をしたくても、どのようにすれば良いのか困っている人もいます。その中でも、「自分の持っている不動産がどのくらいで売れるのか」という方も多いと思います。持ち家や空き家、田、畑、空き地などの不動産の価格を不動産会社が調べる場合には価格査定を行います。不動産の価格査定の方法は一般的に以下の2種類があります。

机上(簡易)査定・・・机上査定はインターネットなどで必要事項を記入するだけで、無料で簡単に査定依頼できて、価格を知ることができるのがメリットです。ただ、安易にインターネットでよく見かける不動産の価格査定サイトなどで査定依頼をすると、個人情報の流失や営業の電話などが頻繁にある可能性があります。そのようなことを避けたい場合には、不動産の売却を得意とする秩父の信頼できる不動産会社に依頼することをお勧めします。依頼する際には、その会社のホームページを一度は見て、行っている事業の内容を確認することも大切です。その不動産会社の得意とする分野や専門性をつかめるからです。また、机上査定では査定の価格を必ずその金額で売れると思わないこともポイントになります。あくまでもある程度の情報を基に査定するので、「このくらいで売れる」程度の目安として考えましょう。

訪問査定・・・訪問査定とは、現地の持ち家や空き家、田、畑、空き地を訪問して査定をすることを言います。訪問査定のポイントは実際に現地を訪問して状況を確認するので、机上査定よりも精度の高い価格を知ることができます。机上査定のようにすぐに価格を知ることはできなく、売りたい不動産の所有者と直接会って、その不動産の状況を聞くことも多いです。特に持ち家や空き家などの家の価格査定では家の間取り、台所や浴室、リフォームの経緯など内部の状況がどのようかでも変わってくるので、情報の収集は重要になるからです。また、役所や法務局などの資料も収集して査定を行うので、ある程度の時間も必要になります。急いで売却する必要がないのであれば、価格査定の依頼をした不動産会社の意見や情報も聞くことができるので、お持ちの不動産を売るときに役立つ情報や知識を得られるかもしれません。

お持ちの不動産の売却は、人生でも普通では一生に一度あるかないかのことなので、いずれにしても親身になって相談やアドバイスのできる不動産会社に価格査定を依頼したほうが良いです。

秩父地域の情報

写真は秩父郡皆野町の「ヤオコー秩父皆野店」です。100円ショップも併設されていて、多くの秩父市民が買い物に訪れています。

 

関連記事

  1. 売りたい秩父市の不動産があるときに知っておくこと

  2. 売れやすい秩父の不動産の条件

  3. 売却土地の値段②

  4. 売却土地の値段①

  5. 秩父の不動産を売却するために準備すること

  6. 不動産の売却をしづらい物件について