秩父の不動産の売却査定とは

秩父の不動産を売る2つの査定方法

不動産の査定は、不動産業者に査定を依頼することで、売却する価格を算出してもらうことから始まります。不動産業者は査定したした価格を依頼者に提示して、納得した上で媒介契約を結ぶことになります。不動産業者は、媒介契約を結んだ後に売却活動を行い、買い手が決まり、売買契約が成立してから、仲介手数料という報酬を受け取るという形をとっています。売主としては、売却したい物件に関する情報をしっかりと不動産業者に伝えておくことで、売却もスムースに進めやすくなります。

不動産の査定方法としては、一般的に下記の2種類があります。

簡易査定・・・簡易査定とは机上査定とも言われる査定方法で、ある程度の物件情報だけで机上で査定を行います。例えば、秩父の不動産の査定依頼を電話やメールで受け取った不動産業者は、その売却したい物件の土地の広さや立地、地目など、中古住宅の場合では、構造、階数、広さや築年数などと言った情報を基に価格の査定を行います。基本的には現地を見ないことになり、土地や家の詳しい状況も調べないために査定した価格の精度は高くありません。特に中古住宅などの建物では、物件の個々の状態がさまざまであるために、簡易査定ではより正確な価格を算出するのは、難しくなります。簡易査定はまだ売却するかどうかの検討段階で、おおまかな金額を知りたい方に向いている不動産の査定方法です。

訪問査定・・・訪問査定とは、簡易査定と同じく机上査定を行った上で、現地に出向き、その土地の現況や建物の外部、内部の劣化状況、設備の状況、周辺の状況などの調査をより詳しく行います。簡易査定と比較すると精度の高い査定となりますが、訪問査定は簡易査定と比べて、時間はかかります。不動産業者と売却する価格を決めて、媒介契約を結ぶ際には、訪問査定で算出した価格を参考にして決めることになります。なので、より具体的に売却を考えている方は訪問査定を依頼する方が良いでしょう。

不動産業者は、いくつかの手法を用いて不動産の査定を行いますが、査定価格にはやはり差が出てきます。売却したい物件の地域に関しての情報を持っている、地元に密着したいくつかの不動産業者に査定依頼をして、その物件の価格の相場観を持つことも必要になるでしょう

秩父地域の情報

写真は秩父市上宮地町の当店の店舗と駐車場です。秩父の不動産査定も無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  1. 売れやすい秩父の不動産の条件

  2. 秩父の不動産を売却するときの手付金について

  3. 売りたい秩父市の不動産の3つの契約方法

  4. 不動産を売却するには

  5. 秩父の不動産を売るときの基礎知識

  6. 土地売却する時に測量することの重要性