秩父の不動産の売却方法について

秩父の不動産を売却するためのポイント

秩父の地域でさまざまな不動産の活用が出来る立地のエリアであれば、売るだけが選択肢ではありませんが、土地をそのまま貸し出してもいいし、アパートやテナントを建築して、月々の家賃収入を得られることも出来ます。市街地に比較的に近い道幅の広いロードサイドであれば、ショッピングセンターやドラッグストアなどの活用も見込めます。このような需要のあるエリアに土地があれば、土地の活用方法も考えられます。

しかしながら、秩父の地域は人口が約6万人程度という小さな街で、埼玉県でも面積は広いものの、市街地を形成している平坦地はごく僅かで、都内から車や電車で2時間程度とは言え、観光地としての認知度はある程度あるものの、周囲の認識は田舎になっています。とりわけ、秩父の中心地から何キロも離れた土地は、キレイに保つための管理がほとんど出来てない土地が多いです。こう言った場所にある土地は、放置が続き、ますます買い手がつかなく、魅力のない枯れた不動産になっていきます。このような視点からも考えると、放置されたままの秩父の不動産を早目に売却することも必要です。

土地を持っている間には、固定資産税という税金を払わなければならないので、わずらわしく感じている方も多いと思います。また、先祖代々、引き継がれてきたが、自分の代で売っておかなければ、次の世代へ負の遺産を引き継がせると考えている方もいるでしょう。

秩父の土地でよくあるパターンなのが、広すぎて買い手があまりいないという土地。一般的に住宅を建築するケースでは、50坪程度のケースが多く、普通に売りに出しても買い手が見つかる可能性は低くなります。広すぎる土地は分割して売却する「分筆」という登記の手続きをして、土地を買い手にとって、利用しやすい広さに分筆して売りに出すことも出来ます

また、秩父の土地には田、畑の農地も多いために、売却するには「農地転用の許可」を受けなければなりません。農地転用の許可を受けて農地を売却するケースでは、さまざまな条件もあり、売却も難しいケースもあるので、農地の売却に詳しい秩父の不動産会社選びもポイントになるでしょう

以上のような点を抑えて、秩父地域のさまざまな状況についての知識のある秩父の不動産会社に一度、ご相談やご売却査定を依頼されてはいかがでしょうか?

秩父地域の情報

写真は秩父市大野原に最近、オープンした「ドラッグストア セキ」です。以前はスポーツ用品の店舗でしたが、その店舗を解体して建設されました。

 

関連記事

  1. 不動産の売却時の固定資産税の清算について

  2. なかなか売れない土地を売却する方法

  3. 相続した不動産を売却するには、どんなことが必要?

  4. 秩父市の不動産を売るなら絶対に知っておくべき2つの要素

  5. 高齢の親が持っている秩父の不動産の売却方法

  6. 中古住宅として売却するときの注意することとは