秘密厳守で秩父の家を売却する完全ガイド

「秘密」と「高く売る」の両立は難しい

ご自身の状況や事情によっては、内緒で家を売りたいと考えている人がいます。家を売ることが知られると、不都合が生じることや、ご近所の目を避けたい場合など「こっそり」売却をしたい人です。内緒で一戸建ての家などを売却したい場合には、不動産会社は「秘密厳守の売却」のご要望にできるだけ応えてくれるので、その点は最初の相談から伝えておけば、安心していいでしょう。売却がメインの不動産会社なら、社名の入った車の訪問やご近所の人に聞かれても不動産会社の社名などは名乗らないようにするという対応は基本になります。

家を売却する人には、不動産一括査定サイトを利用するという人もいます。内緒に売却するという趣旨では、この選択は好ましくありません。不動産一括査定サイトにお客様が登録すると、お客様の情報が数社から多ければ数十社へと情報が流れます。内緒に売却するということからすると、リスクが高くなり、その趣旨には合わなくなります。また、登録後もしばらくは電話が鳴り続けることもありますので、この点にも悩まされる恐れがあります。

通常であれば家の売却などは、一般の個人向けに売る方が、売却価格は高くなりますが、「秘密厳守の売却」という視点からすれば、現実的ではありません。もちろん、不動産会社は柔軟に売却活動は可能です。インターネットなどの広告をしない、売物件としての看板を設置しない、広告チラシのエリアを限定するなどと、ご近所に内緒にしておきたい場合は、宣伝活動に工夫をすることで、可能な限り、こっそりと購入希望者を集めることもできます。しかし、そのような広告方法をとった場合には、売却時間がかかってくるのは必須になってきます。また、不動産会社からではなくて、人の口から情報が漏れる場合もあります。どのような形で情報が伝わるかはわかりませんから、一般の個人に売る場合の秘密性は低くなる覚悟が必要です。

「こっそり売りたい」場合には、不動産会社に家などの不動産を買い取ってもらう方法があります。買取業者はリフォームやリノベーションをして、付加価値を付けて再販売するのが一般的です。買取業者は物件の状況と金額さえ合えば、買い取ってくれるので、不特定多数への情報が漏れなくなります。物件の見学者も1社、2社程度で済ませることも可能になります。秘密厳守の買取査定はもちろん、広告などで売却を知られることもなくなります。ただ、気をつけたい点は、一般の個人向けに売る金額よりも買取業者が買い取る金額は、大幅に安くなる傾向があります。なので、「家を安くてもいいから、内緒で早く売りたい」人は、考えても良いでしょう。

秩父地域の情報

当店は、秩父市上宮地町の国道140号線沿いで秩父地域の不動産売却専門店として展開しています。秩父地域の不動産買取も行っています。買取、売却相談は無料ですので、お気軽にご相談、お問い合わせください。

 

関連記事

  1. 知っておくべき秩父の空き家を売却する5つポイント

  2. 秩父の家を売るときの3つの売却方法

  3. 秩父の中古住宅を売りたいときの査定方法とは

  4. 秩父の家を売りたい理由と売却方法

  5. 不動産査定サイトが秩父の家を売ることについて教えてくれること

  6. 期間内に秩父の家を売る方法