相続した秩父市の家を売るときのポイントとは

家を売る前にキレイにしておくことで売れやすくなる

相続したけど誰も住まなくなった家や転勤や転居などをすることになったので、今お住まいの家を売るときにオススメしていることが「ハウスクリーニング」です。

家を売る前に、お金をかけてクリーニングするのはもったいないと思われる方もいらっしゃるかと思います。「どうして家を売る前にキレイにしておくの?」と思われるかもしれません。

理由は売れやすくなるからなんです!以下にその理由をあげてみました。

購入希望者の内覧時の印象を良くするため・・・家を購入する希望者は、必ず内覧をしますが、第一印象で大きく購入するかしないかが左右されます。「家の中が汚い、汚れている、モノが散々としている」ような家では、まず購入希望者からは避けられます。

大きな買い物である不動産なので、購入希望者は家のさまざまな箇所をチェックしています。内覧したときに「汚い、汚れている」などのマイナスの印象を与えてしまうと購入は見送られてしまいます。

万一、購入希望者の立地条件などが見合って購入したい場合でも、クリーニングや修繕などにかかる費用として、値下げの交渉が入ることは間違いないでしょう。不動産会社が家を買取る場合でも同じことが言えます。

早く売れる確率が高くなる・・・汚れている家よりクリーニングされたキレイな家の方が、購入希望者の内覧後の成約率が高くなります。

売りたい家をチラシやインターネットなどに写真を掲載する場合でも、クリーニング済の家のキレイな写真を掲載ことで購入希望者からのお問い合わせや内覧の数も多くなり、結果として早く売れる確率が高くなることにつながります。

「ハウスクリーニング」することにより、「内覧数が増え」、「成約率が高くなる」ということになります。

クリーニングは誰にでも出来ますが、家の中に不要なモノがない状態で、プロのクリーニング業者に依頼することをオススメします。

やはり素人が行うのとは違い、家の隅々まで磨き上げてくれます。クリーニングを行うときに重点的にする箇所としては、キッチン、トイレ、お風呂などの「水まわり」があげられます。「水まわり」にカビや水垢などがあると購入する側からすると、印象も悪くなりますよね。

また、壁紙などのクロスや床などのフローリングも家の中では、見える部分が多いので、クリーニングやワックスをかけることによって驚くほどキズや汚れが目立たなくなります。

相続したけど誰も住まなくなった家や転勤や転居などをすることになったので、今お住まいの家を売ることをお考えの方は、ご参考にしてみて下さい。

秩父地域の情報

今年の12月より、秩父市役所の市民課や資産税課などの各課で住民票や印鑑証明書などを取得したときに、書類を入れて持ち帰る封筒に、当店の広告を掲載いたしました。秩父市役所で大切な書類を取得した際には、是非、お使い下さい。

関連記事

  1. 秩父の不動産は買うより売るほうが難しい理由

  2. 今1番相談で多い相続した秩父の不動産売却の理由とは

  3. 相続した秩父市の家を売却した方が良い!そのワケは?

  4. 相続した秩父市の実家の売却方法

  5. 相続することになった秩父の不動産の売却方法