相場を知ることが秩父市の不動産売却で大切なワケ

売りたい不動産の相場を知ることで売却もスムースに進めることができる

相続した家や土地、転勤や家庭の事情などで今住んでいる家などの不動産を売ることになった。そうなったときに誰もが「いくらくらいで売れるのだろう」と思うことでしょう。

当店で相談を受ける中でも「売りたいと思っているけど、相場が分からない」という方が多いです。売主なら「少しでも高く売りたい」と思う気持ちは当然ですが、あまりにも相場とかけ離れた高い金額で売ることは、かなり難しいことであり、売れ残る物件になりかねません。

なので、売却する前にある程度の相場を知ることで、不動産の売却もスムースに進めることができるようになります

売りたい不動産の価格をきめることは、とても難しいことです。なぜなら、不動産の場合では全く同じものは一つとしてないからです。

例えば、土地の場合、面積や形状が違いますし、住宅などの家の場合では、間取りや面積、築年数が違ってきますよね。面積や形状、間取りや築年数などが違えば、その不動産の価格もおのずと変わってきます。

そのため、相場を知るには、売りたい不動産の近隣の地域で売りに出されている、面積や築年数などが似たような物件が現在、どくらいの価格で売りに出されていて、取引されているのかを調べる必要があります。

秩父地域の土地の取引相場は、年々低下の傾向にあるために、過去の取引された価格よりも、現在売りに出されていて、取引されている価格を参考にした方が良いでしょう。実際に取引されている似たような物件の価格を知ることで、おおよその自分のお持ちの価格も見えてきます。

不動産の取引なんて不動産の投資家でもない限り、一生に一度あるかどうかです。そんな自分たちが、現在の不動産の適正な価格がいくらなのか、常に把握しているはずもありません。

なので、「売ろうかな」と考えたら、まずは似たような物件が現在、どくらいの価格で売りに出されているのかを確認して、「だいたいこのくらいかな」と知っておくことがとても大切になります。

相場の最も簡単な調べ方としては、インターネットの大手のポータルサイトなどで現在、近隣で売りに出されている自分がお持ちの不動産に似たような物件の価格をチェックする。ただこれだけです。

現在、売りに出されている物件のほとんどは、インターネットのポータルサイトなどに掲載されているので、おおよその相場を簡単に知ることができます。

ただし、これはあくまでも似たような物件を基にした「相場」になるので、売りたい不動産の価格を知りたいときには、実際に不動産会社に査定してもらうことをおすすめします。

当店は、無料で売りたい秩父市の不動産の査定もおこなっていますので、ぜひご活用ください。

秩父地域の情報

写真は、西武鉄道の特急「ラビュー」の車内です。黄色を基調とした座席シートで、いままでの特急にはないようなソファーのようなデザインで座り心地も抜群です。秩父へ電車でお越しの際には、一度、ご利用してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 不動産売却をする際に基本的な情報を調べる方法

  2. 不動産売却の手段について考える

  3. 秩父の不動産を売るときに仲介手数料がかかるワケ

  4. 秩父の不動産を売りたいときに検討すること

  5. 初心者が秩父の不動産を売るときにすべきこと

  6. 不動産を高値で売却するには