準備しておくと良い秩父の家の売却について

秩父の家を売るときに内覧は重要になる

不動産会社へ家などの不動産の売却を依頼すると、不動産会社は売り出すための物件の宣伝を行います。売り出しの広告を見た購入希望者が実際の物件を見ることが内覧です。持ち家や空き家などを売却するには、さまざまな手続きが必要になりますが、そのなかでも「内覧」は買い手に最も重視されます。内覧では物件の買い手が家の中を見てもらうことになりますが、現在ではインターネットを通じて外観や間取り、備えている設備の写真や情報が多く掲載されていることもあり、賃貸アパートなどでは内覧をしないで、物件の写真や情報だけで入居を決める方もいます。ただ、家の購入となると内覧をしないで購入を決める方はいません。

外からの見た目や築年数が浅い物件だとしても、家の中にゴミが散々としているような物件では印象も悪くなり、物件購入希望者も買う気にはなりません。不動産会社に販売活動を任せておけば大丈夫と考えている人がほとんどなので、自ら積極的に内覧に対する対策をしている方はあまりいないのが現状です。売主自身が積極的に整理、整頓を行うことが家を高く、早く売ることができる対策にもつながります。時間的に余裕のない方や、面倒だと感じている方はクリーニング業者に依頼しても良いでしょう。不動産会社もクリーニング業者を紹介してくれる所は多くあります。

内覧でのポイントとしては、まず水回りを重点的に清掃することがあげられます。キッチン、浴室、トイレなどといった水回りの汚れは目立ちやすく、買い手も意識しやすいので、水回りをきれいにしておくことで、印象も良くなります。また、リビングを整理整頓することも室内が広い印象も与えます。収納などクローゼットの中も買い手が見ることを想定して、整理整頓することも大切なポイントになります。

また、家を売る理由を聞く購入希望者も多くいるために、売る理由をなるべく包み隠さずに伝えることも必要です。家を売る理由を率直に伝えることで、買い手にも信頼を得ることができます。

購入希望者が内覧をして、購入を断られたらその理由を必ず聞くことも必要です。断られた理由を聞くことにより、改善点を見つけるチャンスになります。断られた理由は仲介した不動産会社に連絡されるケースがほとんどなので、不動産会社から断られた理由を聞くと良いでしょう。

持ち家や空き家の売却は、普通では人生で一度あるかないかのことなので、個人的にできる買い手の内覧を意識した最低限の売却準備を行うことが秩父の家の売却成功の一歩にもつながります。

秩父地域の情報

写真は秩父市大宮の聖地公園管理事務所です。ここでは、公共福祉の増進を図るために「メモリアルホール」「聖地公園墓地」「児童交通公園」「聖地公園グラウンド」の4つの施設等を維持管理しています。

 

 

関連記事

  1. 不動産売却の契約をしたときの手付金とは?

  2. 売れやすい秩父の不動産売却の時期と不動産売却の流れとは

  3. 売りたい秩父市の不動産があるときにするべき3つのこと

  4. 秩父市の不動産売却の方法~その1~

  5. 土地家屋調査士が秩父の不動産を売るときに必要なワケ

  6. 秩父市の不動産を売るときの不動産査定とは