売れやすい秩父の不動産売却の時期と不動産売却の流れとは

不動産を売却する最適な時期は通常「人の移動がある時期」ではあるが…

 

お持ちの不動産が売れやすい時期としてあげられるのが、「人の移動がある時期」で、通常であれば1月から3月辺りや、9月から11月と言われています。転勤や転居などでの引っ越しや子供の入学、進学に合わせて住まいを探す人が増えるからでしょう。

また、アパートなどの賃貸住宅の更新のタイミングでマイホームを購入することを考える人も多いと思います。こうした時期は不動産購入の需要が多いが多くなることから、土地や家を売り出せば、多くの人に探してもらえる機会が増えます。

それでは、その時期以外の売却がダメなのかというと、そんなこともありません。「人の移動がある時期」ほど多くはないかもしれませんが、不動産は購入予算や希望しているエリアを決めて探している人も多いので、「希望条件に合う物件が出て来れば買いたい」とういう購入希望者も多いです。

不動産が売れやすい時期として「人の移動がある時期」と前述に記しましたが、今年に限っては、1月~3月や現在も新型コロナウィルスの影響でその時期も推測し難い状況と言えます。しかし、土地や家などの不動産を売却する時期としては一年中可能です

その理由としてあげられるのは、住宅用の土地や家を探している購入希望者は、住宅ローンを借りる人が多いので、今の低金利であるということは、不動産を購入する上での大きなメリットになるからです

不動産売却の流れと大切なポイント

では、スムーズにお持ちの不動産を売却するには、実際にどのようにしたら良いのか、簡単な流れです。

売却する時期をある程度決める

不動産会社に「いくらで売れるのか」不動産査定を依頼する

③不動産会社と媒介契約を結ぶ

④物件を売り出す

⑤購入希望者に案内する

⑥買い手が決まったら売買契約を結ぶ

⑦残金の決済と物件の引渡しをする

ここで大切なのが、不動産会社に「いくらで売れるのか」不動産査定を依頼するという点です。数多くある不動産会社の中からどこに依頼すればいいのかわらない方もいらっしゃると思います。

「有名な不動産会社でいいんじゃない?」と考える人もいると思いますが、実際はあまり知られていない地元の不動産会社の方が上手く売っているケースも多いです

理由は地域に密着しているので、売却物件の相場や周辺の状況などの地域柄を良く知っているからです。なので、安易に不動産会社を決めるのは、おすすめしないので、一度、地元の不動産会社に不動産査定の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

秩父地域の情報

写真は、秩父市役所の本庁舎に隣接している「歴史文化伝承館」です。秩父市役所の各部署のほかに研修室、音楽室、茶室、会議室、ホールなどの施設の貸し出しをおこなっています。ホールでは定期的にさまざまな催しをおこなっていますので、一度、ご覧になってはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 秩父の不動産売却を成功するための準備

  2. 不動産売却する時期を判断するポイントとは

  3. 秩父の不動産の売却方法について

  4. 不動産売却の契約をしたときの手付金とは?

  5. 住宅ローンの返済中でも不動産の売却は出来るの?

  6. 秩父市の不動産を売りたいときの不動産査定とは