売れやすい秩父の不動産の条件

秩父の不動産は買主にとって魅力がある条件が必要

秩父の不動産に限らず、一般的に売れる家や土地の条件を以下にまとめてみます。

生活に便利な立地にある・・・スーパーマーケット、コンビニ、学校、保育園、幼稚園、病院、銀行など、これから住む家の近くに日常生活で必要になる施設が整っている環境があると、その物件の強みとなり、買い手にとってのアピールポイントにもなります。しかし、このような施設はそこに住む人の家族構成や年齢層などによっても求めるものが異なるので、すべてが整っている必要はありません。子供のいる家庭であれば、学校や幼稚園などが近い方が魅力的だったり、逆に子供のいない老夫婦であれば、学校などは必要ありませんが、病院が近くにあると良いでしょう。購入希望者の家族構成や年齢層によって求めるものは違うので、不動産会社に仲介を依頼しているのであれば、アピールするのも一つの方法です。また、電車通勤をされている方にとっては、「駅が近い」という点は必須条件と言えるので、駅から徒歩15分以内の土地や家などの不動産は売れやすくなります。

建物内がキレイである・・・中古住宅の場合、中古という言葉から買い手が連想するのが「古い」、「汚れている」というイメージがあります。中古住宅とは言えども、不動産は高い買い物になりますから、あまりに汚れている家だと買い手が付きにくくなります。特に水回りなどのトイレ、お風呂、キッチンなどは買い手の方が気にすることも多いので、キレイにしておきたいところです。汚れがひどい場合や清掃する時間がないなどの場合では、専門の清掃業者に依頼することも考えると良いです。

陽当りが良い・・・「南向き」の土地や家は陽当りが良く、土地や家探しをしている方には必須条件としているケースが多いです。他の条件がさほど良くなくても、とても陽当りの良い土地や家では買い手が決まりやすいと言える位、大切なポイントの一つです。ただ、南側に現在、建物があるような場合では、陽当りも良くなくなるので、南側に道路がある「南面道路」の土地や家と言えるでしょう。

このような条件が整っている物件は、売れやすい不動産である条件にもなります。

秩父地域の情報

写真は秩父ミューズパーク内のスイセンです。スイセン広場内には、木片を敷き詰めた散策道が設けられていて、スイセンのお花畑の中を散策できます。例年の見頃は4月上旬から下旬になります。

関連記事

  1. 初心者が秩父の不動産を売るときにすべきこと

  2. 不動産の売却をしづらい物件について

  3. 秩父の不動産を売るときの基礎知識

  4. 不動産売却をする際に基本的な情報を調べる方法

  5. 売りたい秩父市の不動産があるときに知っておくこと

  6. 売却土地の値段①