売れない秩父の家の理由と売却方法とは

売れない秩父の家にはさまざまな理由がある

 

家を売りに出したのに、「いっこうに問い合わせが来ない」、「問い合わせがあり内見に来てもらったが売れない」などといった場合には、どうして売れないかという理由を考えることが大切になります。売れない理由を考えて、原因を改善することが家の売却の成功につながります。

売れない理由として「物件の価格が高い」ということが考えられます。売主なら誰しも「少しでも高く売りたい」と考えるでしょう。相場よりもかなり高い金額で売ろうとすると、いつまでも売れずに売れ残った「さらしもの物件」になりかねません。他にはない買主にとって、魅力的な価値のある物件であれば問題はありませんが、同じ地域で同じような他の物件と比較しても価格が高い場合には、買主は他の物件を選ぶでしょう。買主にとっての魅力と価格のバランスが大切になってきます。

また、買主は予算に合った物件を探すために、売り出した価格が高いと買主の候補にもあがらなくなることが多くなります。買主の目にも止まらない物件とならないためにも、価格を下げることも必要なポイントの一つになります。価格を下げる時期やいくらにするのかといったことは、その物件の地域に密着している不動産の売却が専門の不動産会社と相談して、慎重に決めることが良いでしょう。

次に買主が興味を持った物件を内見して、「他の物件よりも良い」と感じたときや、「この物件なら住んでみたい」と感じたときに、買主は本格的な物件の購入を考えるために、内見のときの第一印象は大切なポイントになります。印象が悪くなる要因としては「汚れやホコリで室内が汚い」があげられますが、購入希望者に内見をしてもらうことになったら、入念な清掃をしましょう。普段の生活では気づかない細かいところまできれいにしておくことで、良い印象を与えることが出来ます。清掃は買主の第一印象を左右して、手間がかかり、大変な作業になるので、クリーニング業者などの専門業者に依頼することを検討するのも1つの方法です。

また、「室内に物数が多い」のも印象を悪くする要因になります。物数が多いと室内が狭く見えるために、ある程度の家具などを置くことは良いと思いますが、不要なものや古くて使えないものなどは、思い切って捨ててしまいましょう。

築年数が経っている家」の場合は、リフォームするということも選択肢の一つになります。リフォームすることで買主の第一印象が良くなりますが、大規模なリフォームとなるとかなり費用がかかるので、売主にとっては大きなデメリットになります。そのような場合には、リフォームにかかる費用の分だけ、物件の価格を下げた方が売主にとっては良いかもしれません。

秩父の家の売却を成功に導くためにも、以上のポイントを参考にしてみて下さい。

秩父地域の情報

写真は秩父郡横瀬町の西武鉄道「芦ヶ久保駅」に隣接している「道の駅 果樹公園あしがくぼ」です。秩父名物みそポテトやうどん、そば、人気のプレミアムソフトクリームなどがあります。ぜひ、一度、ご賞味してはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 期間内に秩父の家を売る方法

  2. 知っておくべき秩父の空き家を売却する5つポイント

  3. 秩父の家を売るときの3つの売却方法

  4. 秘密厳守で秩父の家を売却する完全ガイド

  5. 秩父の中古住宅を売却するタイミング

  6. 秩父の家を売りたい理由と売却方法