境界が決まっている秩父市の土地売却は安心って本当ですか?

売却前に境界が決まっていれば買い手とのトラブルを防ぐことにつながる

土地を売却するときには、お持ちの土地の面積や形状をはっきりするために、境界を決めて測量をおこなう必要があります。きちんとやっておかないと売却時にトラブルが起きることもあるため、注意しなければなりません。

そもそも土地を売却するのに、なぜ境界を決めて測量をしなければならないのか、理由のわからない方も多いでしょう。境界を決めて測量をする理由としては、以下のようなケースがあります。

売却したい土地があるとき・・・売りたい土地の境界線があいまいな場合は、境界線をはっきりさせて、測量をおこなう必要があります。とりわけ、お隣りとの土地の境界が分からないと、どこまでが自分の土地として売却出来るのか分かりません。

買い手も境界の分からない土地を購入するのには、当然に不安を持ちます。たとえ土地の取引が成立したとしても、買い手が購入後にお隣りとの境界でトラブルになるケースもあります。

なので、買い手とのトラブルを未然に防ぎ、安心して土地売却をするためにも、境界を決めて測量することは、重要になります

また、これらの事は一戸建ての家の売却にもあてはまります。家の敷地がブロックなどで仕切られてたとしても、そのブロックが自分のものなのか、お隣りのものなのか。自分とお隣りとでは、境界の認識が違っているケースもあります。

分筆登記をするとき・・・ある程度広い土地をお持ちの場合では、売却を考えているものの、一部は自分で利用したいようなケースでは、土地を分筆して残った一部を売却することもあるでしょう。

また、広すぎる土地は購入希望者が限定されてしまう場合もあるため、適度な面積に区切る意味で、測量して分筆することもあります

単純にお隣りとの土地の境界が分からない場合や土地の面積をはっきりするためだけではなく、土地を分筆するときにも境界を決めて測量をおこなう必要があることも知っておくと良いと思います。

建物を新築するとき・・・土地を購入して家などの建物を新築する場合でも、土地の正確な面積や現地の境界がはっきりしていないと、どのような家が建てられるのかが分からないために、設計段階から計画が進まなくなってしまいます。

持っている土地の広さや形状によって、建てられる家の選択肢も変わるため、買い手にとって正確な測量をおこなっている土地は、スムースに建築しやすくなり、魅了的な土地にもなります

当店は、秩父市の土地売却をするときの境界の確定や測量、分筆登記などの登記もおこなっていますので、ご参考にしてみて下さい。

秩父地域の情報

写真は秩父ミューズパーク内の「旅立ちの丘」です。秩父市では、全国各地で歌われている卒業ソング「旅立ちの日に」の発祥の地「秩父」をPRし、さらに広く歌い継がれていくことを願い「旅立ちの丘」をつくりました。展望デッキから秩父市内を一望できるので、一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 秩父市の土地を半分にして売りたい!その方法とは?

  2. 相続した秩父の土地を売却するヒント

  3. 売りたい秩父市の空き地を売却するために知っておくこと

  4. 相続した秩父の土地を売るときの測量の必要性とは?

  5. 知らないと売れないことも、秩父の土地を正しく【売る】方法

  6. 固定資産税のかかる秩父の土地を売却した方が良いワケ