初めて秩父市の実家を売却する方の失敗しない売却の方法

実家の売却でありがちな失敗を知ることが売却の成功に導く

 

お持ちの家などの不動産売却の成功への近道は、失敗例を知ることにあります。ご実家の売却においても、他の人の失敗を参考にすると、成功への秘訣も知ることができます。そこで、ご実家など家の売却におけるありがちな失敗について、紹介していきます。

地域に密着していない不動産会社に依頼している・・・ご実家など家の売却をその地域ではない不動産会社に依頼すると、地元に詳しくないという点で売り出し価格や購入希望者の求めていることなどを、適正に設定してくれないという恐れがあります。

また、大人数の不動産会社よりも少人数の不動産会社の方が、社員同士のネットワークがうまくいっていて、担当者が不在でも、別の人に話が通っていて、問題なく売却の手続きを進めることもあります。

地域に密着している不動産会社に依頼をするという最大のメリットは、その地域のことを良く知っていて、正しいアドバイスをしてくれることにあります。また、売却の依頼を受けた不動産会社も近くなので、売却物件の調査なども早く行うことができて、ご実家など家の売却についての打ち合わせもスムーズに進めることができるでしょう。

価格査定額だけで不動産会社を選んでいる・・・ご実家など家の売却では、査定価格だけで不動産会社を選んでしまうと失敗の原因の一つにつながります。

査定価格が高いことは、不動産会社を選ぶ上で、悪いことではありませんが、査定額はその価格で必ず売れることを保証しているものではありません。なので、あまりにも近隣相場と比較して、高過ぎるのは売れないリスクがあります。

中古車や家電などの買い取り査定では、高い金額で買取査定をしてしまうと、買い取る会社が損をするリスクが生じてきます。しかし、不動産の価格査定は基本的に、不動産会社が買い取る金額ではないため、高い査定価格を算出することは、不動産会社にとってリスクはなくなります。

むしろ、不動産会社にとって物件が売主から預かり安くなるというメリットが生じるために、その会社の営業スタイルによっては査定価格がかなり高くなるということもあり得ます。そのために、高過ぎる査定価格に関しては、注意が必要です。

内覧時に部屋が汚れている・・・内覧とは、購入希望者に実際に部屋の中を見てもらうことを言います。ご実家など家の売却では、買い手にとっては高価な買い物になるために、購入希望者は必ず内覧をすると思ってください。

汚れている印象を与えてしまう印象の原因は、溢れかえっているモノにあります。ゴミや衣類、布団などが散々としている部屋はもとより、万年物置となっている机や棚などは、印象を悪くします。一度、大胆にモノを捨ててしまえば、内覧のたびに掃除をしなくても、ある程度部屋の印象を良くすることができます。

モデルハウスとは言いませんが、内覧前に部屋をスッキリさせることで、購入希望者を気持ちよく迎えるように準備しておくことが大切です。内覧前にクリーニング業者に依頼しても良いでしょう。特にキッチンやトイレ、浴室などの水回りの汚れを無くすと更に好印象になります。

秩父市のご実家など家の売却をご検討している方は、以上のようなポイントをご参考にご実家の売却を成功に導きましょう。

秩父地域の情報

写真は、秩父ミューズパークのスカイロードの両サイドにあるイチョウ並木です。約3㎞のスカイロードに約500本のイチョウがあります。例年は、10月下旬から11月上旬にかけて黄葉の見頃を迎えますが、今年は一足早く見頃になっています。一足早い秩父ミューズパークの秋の鑑賞にイチョウ並木を一度訪れてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 売れない秩父の家の理由と売却方法とは

  2. 不動産査定サイトが秩父の家を売ることについて教えてくれること

  3. 期間内に秩父の家を売る方法

  4. 親が住んでいた秩父市の家を売るときにやるべきこと

  5. 秘密厳守で秩父の家を売却する完全ガイド

  6. 秩父の中古住宅を売りたいときの査定方法とは