不動産買取と仲介の違いとは?

不動産業者に売却を依頼する場合には2つの方法がある

不動産売却の方法には「買取」と「仲介」の2つの方法があります。

【買取】・・・売却したい不動産を不動産業者に買い取ってもらうことです。「買取」のメリットとしては、不動産業者に買い取ってもらうために買い手を探す必要がなくなるために、売却金額が決まればすぐに売却が可能になり、現金化できます。また、不動産業者との直接の売買になるので、仲介手数料が不要になります。持ち主が売却する際には、売却物件の広告なども出されることもないので、ご近所に知られたくないような場合でも、売却を知られずに済むことでしょう。(不動産業者が直接買い取る場合ではなく、買い取る会社を紹介してもらう場合には、基本的に仲介手数料が発生します。)

持ち主から売却物件を購入した不動産業者は、そのままの状態かリフォームやリノベーションなどを行い、売り出しをします。不動産業者は利益を見込むために、買取の場合の売却金額は実勢価格(相場)よりはかなり低めになることが多いです。

【仲介】・・・売却したい不動産を不動産業者に買い手を探してもらうことです。仲介の依頼を受けた不動産業者は売主の希望金額でインターネットやチラシなどの広告媒体で買い手を探します。「仲介」のメリットは基本的に一般の方の買い手との売買になるので、「買取」と比べて高い金額で売ることが可能です。ただすぐに買い手が見つかるとは限らなく時間がかかる場合もあることや、不動産業者に仲介手数料を支払う必要があります。

バイクや車などは買取が普通ですが、不動産売却は「仲介」の方が一般的です。売主としてはなるべく高く売りたいということが多いため、買い替えなどで売却を急ぐ場合などは別として、最初は「仲介」での売却方法をお勧めします。不動産業者に仲介手数料を支払っても売主の収益は必ず「買取」よりも多く見込めるからです。ある程度の時間が経っても売却できないような場合は「買取」という選択に切り替えることを検討することが良いでしょう。

秩父地域の情報

写真は秩父市宮側町にあるドラッグストア「セキ」です。以前は秩父地域でも有名なショッピングセンターの「キンカ堂」でしたが、数年前に取壊しがされて、出店されました。秩父市街地の中心地に位置していますので、多くの秩父市民が買い物に訪れます。

 

 

関連記事

  1. 不動産を売却するには

  2. 不動産売却をする際に基本的な情報を調べる方法

  3. 初心者が秩父の不動産を売るときにすべきこと

  4. 相続した土地を早目に売却する必要性

  5. 秩父の不動産を売りたいときに検討すること

  6. 秩父の不動産の売却査定とは