不動産売却の際の不動産業者選びのポイント

不動産会社は問題解決をサポートできる会社を選ぶ

所有している不動産売却を検討している中では、たびたび問題に直面する場合があります。例えば、不動産売却には基本的に測量という作業を行い、実際の土地の面積を知る必要があります。測量に関しては、隣接土地との境界を決める必要がありますが、隣地との境界を調べていくと、工作物などが越境(隣りの土地との境界にまたがっている)しているケースもあります。そう言った場合には、隣接所有者との交渉や土地を分筆(登記上土地を区分けする)したりと専門家の意見や協力が必ず必要になります。こうした専門家のネットワークを持ち、問題解決を積極的に行ってくれる不動産会社を選ぶことは重要なポイントとなります。

誠実な姿勢を持っているかどうか

不動産の価格査定では、高めの査定価格で顧客を確保する場合が往々にしてあります。そのような従来の不動産業界の慣行に縛られることなく、不動産の売買仲介というサービスと仲介手数料という金額の対価との「適切な関係を構築する」というような誠実な姿勢を持っているかどうかも不動産会社を見極めるポイントの一つです。

秩父地域の情報

写真は秩父市滝の上町にある秩父市立第一中学校です。私も通っていた中学校ですが、平成20年に建て替えられて、現在はモダンな外観となっています。現在の生徒数は586名で18学級、教職員52名です。

 

関連記事

  1. 秩父市の不動産を売るときの不動産査定とは

  2. 秩父市の不動産売却の方法~その2~

  3. 売れやすい秩父の不動産売却の時期と不動産売却の流れとは

  4. より良い条件で秩父の不動産を売却するヒント

  5. 準備しておくと良い秩父の家の売却について

  6. 秩父の不動産を売却するときに必要なこと