不動産を売却する場合に必要な情報とは①

住所ではなく、不動産の地番を調べる

不動産を売却する場合には、その不動産の情報を知る必要があります。不動産の情報を知るには、住所ではなくて地番を調べる必要があり、地番は市区町村から毎年、郵送される固定資産税の納税通知書に記載されています。建物であれば登記されていれば、家屋番号の記載もあります。家屋番号は登記された建物に付けられるものですが、未登記建物では市区町村が便宜的に設定している場合もあります。

地番と家屋番号が分かれば法務局(登記所)でその不動産の登記事項証明書(登記簿謄本)や公図、土地であれば地積測量図、建物であれば建物図面を取得します。現在ではインターネットの登記情報提供サービスでも取得することが出来ます。これらの情報で売却する不動産は誰が登記名義人であるか、抵当権などの設定はないか、土地や建物の形状や面積はどれくらいあるのかを知ることが出来ます。ただし、地積測量図については分筆登記や地積更正登記などの経緯がないものや、建物図面は登記されている建物でも古くてないような場合もあります。

土地や建物を売却する場合には、土地に関する測量図(地積測量図、確定測量図など)、未登記の建物であれば建物登記の必要があり、私も資格を有している土地家屋調査士が代理で手続きを行います。

このように売却する不動産の地番を調べ、基礎資料をそろえることが不動産を売る第一歩ともなります。

秩父地域の情報

写真は秩父市下影森にある秩父影森モールです。大型のスーパーマーケットや理髪店、飲食店などがあり、多くの秩父市民が利用しています。

関連記事

  1. 秩父の不動産買取と仲介の決定的な違いとは

  2. 不動産売却の際の不動産業者選びのポイント

  3. 不動産の売却時の瑕疵担保責任とは?

  4. 秩父の家を売るためのヒント

  5. 中古住宅の売却におけるポイント

  6. 土地家屋調査士が秩父の不動産を売るときに必要なワケ