不動産を売却するには

 

不動産売却の基本について

土地や建物の不動産を売却するには基本的に土地の境界線を確認し、測量した面積に基づいて、売却代金を最終的に決めるのが一般的です。

土地の境界線を確認するという事は、隣接土地所有者の立会をお願いをし、境界杭を確認してもらう事です。

なぜなら、境界が不明な土地を購入するのは、後々、問題が起こる可能性があるからです。

例えば、建築物や塀を作る場合に、境界が解らなければ困りますよね。

また、実測した面積により売却代金にも違いが出て来ます。土地の境界が決まらない土地はまず、売却出来る可能性はかなり低くなり、「売れない土地」になります。

また、売却に関しては宅地建物取引業者に依頼する方が売却金額、税金や法的知識があるため、手間なく、安全に取引出来ます。

 

境界標写真(秩父市)

秩父地域の情報

秩父市民には武甲山が小、中学校の校歌にも出てくるように秩父市の象徴のような感じですが、武甲山は石灰が採取されてきているため、年々、悲しいことながら小さくなっています。

私が30年前くらいに聞いた話によると、あと100年は採取できると聞きましたが、美しい武甲山であり続けることを願っています。

武甲山(秩父市内より撮影)

 

関連記事

  1. 不動産を売りたい理由とは?

  2. 不動産売却の手段について考える

  3. 秩父の不動産を売るときの基礎知識

  4. 不動産売却の時の仲介手数料について

  5. 秩父の不動産を売るときに仲介手数料がかかるワケ

  6. 不動産を売却する時に必要なことは